TOP >
BACK | TOP | NEXT

リストマーク 立春 

2018年02月02日 ()
  2月4日は二十四節気の始まり、「立春」です。冬が極まり春の気配が立ち始める日です。暦便覧には「春の気立つを以って也」と記されています。この日から立夏の前日までが春となります。南の地方では梅が咲き始めますが、東日本や北日本では、この頃に大寒波や暴風雪などの荒れた天候となることが多いといわれます。

  今日の水彩画は、「朝陽の当たる雪原」です。氷点下十数度にもなる雪原の朝、山の向こうに陽が昇ると、暖かそうな光が雪原を照らします。早朝に水を汲みに来たのでしょうか、雪原を横切る足跡は、まるで朝陽が残したもののようです。
18-02-02.jpg

  立春は暦の始まりの日で、八十八夜、二百十日などの雑節の起算日となっています。桜の開花時期も、立春からの気温の積算で推定できるようです。
  秋にできた桜の花のつぼみは一度休眠します。この休眠から目覚めるきっかけは、その年の最低気温なので、だいたい立春の頃なのです。その後は暖かい日が続くことで桜が春を感じて開花に向かいます。目安としては、立春からの日々の最高気温の積算が540℃くらいに達したときです。暖かい日が続けば早まるし、2月、3月に雪が降るほど寒い日が続けば開花は遅くなります。

  おとうさん、立春!「おお寒い!立春とはいえ今頃が一番寒い!布団から抜け出せない!」「おなた、早く起きてくださいな!朝ご飯ですよ!」「もう少し眠らせておくれ!桜の蕾は一度休眠してから開花するそうじゃないか!」「あなたはもう枯木のようですから、休眠しても花は咲かないのでは?」「枯木に花の花咲じじい、だっているだろう!」「はいはい、花咲じじいの灰ですか?お線香を焚いときます!」「・・・・・」

  東京の桜の開花は靖国神社にある標準木の3本のソメイヨシノのうち2本に5、6輪の花が咲くと開花となります。これまでの記録では、東京の平年の開花日は3月26日だそうで、日々の気温の上下を加味すると一週間ほど前後するようです。開花から満開までが一週間、満開から花が散るまでが一週間、さて花の見頃を立春の今から予測するのは至難の業のようです。

  「関守の火鉢小さき余寒かな」 蕪村の句です。「余寒」 とは春の季語で、立春を過ぎても尚残っている寒さのこと、「関守」 は関所を守る役人で、寒村での勤務の侘しさと身にしみる寒さが漂っている句です。

  ではまた、次回の水彩画をお楽しみに・・・・・・サム ヤマモト

ここで、個展開催のお知らせです。

サム ヤマモトの水彩画個展(第五回)「木々の光と影と命」
場所 相模原市民ギャラリー 第一展示室
    JR相模原駅ビル セレオ相模原4階
日時 2018年2月9日(金)~2月12日(月)
     10時~19時(初日11:00より、最終日16:00まで)
この一年間に本ブログに掲載した透明水彩画の原画50点余りを展示します。
原画の美しさをご覧ください。
入場は無料ですが、チャリティ募金を行っています。チャリティにご協力いただくと、お好きな絵のプリントやカレンダーを差し上げています。
皆様のご来場をお待ちしております。

サム ヤマモト

[2018.02.02(Fri) 20:27] 植物Trackback(0) | Comments(0) 見る▼
↑TOPへ


リストマーク 水沢腹堅 

2018年01月29日 ()
  七十二候では、29日ころまでが「水沢腹堅(さわみず こおりつめる)」です。大寒の真ん中にあたるこの時期は、沢を流れる水も凍るほど寒いころという意味です。今年もまさにこの時期、寒波が襲い、首都圏でも4年ぶりの大雪となりました。
  また、インフルエンザが大流行しています。例年の流行パターンでは1月頃まではA型が流行り、2月に入るとB型が流行り出すそうですが、なんでも今年は1月にA型とB型が同時に流行っているようです。栄養と休養を十分に取り、ストレスを溜めない生活をして、風邪にかからないようにしましょう。

  今日の水彩画は、「木もれびの森の雪景色」です。相模原でも25センチ程の雪が積もりました。木もれびの森の広場も雪で埋まり、細かい枝にも雪を乗せて、白い衣装を纏った枝垂桜が、白鷲の舞を舞っているように、陽に白く浮かび上がります。
18-01-26.jpg

  漢字学者の阿辻先生によると、「雪」という漢字は「雨」の下に鳥の羽を描いており、凍った水滴が鳥の羽のように空から舞い落ちる様をかたどった象形文字として、甲骨文字にも登場するそうです。童謡に「・・・犬は喜び庭駆け回る・・」とあるように、雪には生きものを喜ばせる美しさがあるようです。とはいっても、数メートルもの雪に覆われる雪国の人や、たまに降る雪に悩まされる都会人にとっては、美しいどころではないかも知れません。

  おとうさん、大雪!「お~!積もったなあア!」「あなた、道の雪かきしてくださいな!」「今日は晴れだ!お天道様が溶かしてくれる!」「あなた!両隣の方々が出て、雪かきしていますよ!」「しかたがない!雪かき、雪かき・・・・」「あなた、お疲れ様です!あらっ!汗びっしょり!」「雪かき、汗かき、雪かき、汗かきだア」「熱いシャワーで汗を流し、ビールでも飲んでは・・・」「えっ!これじゃ、また大雪が降りそうだア~」

  「箱根こす 人もあるらし けさの雪」とは、松尾芭蕉の句です。「今朝のこの雪の中を、箱根を難渋しながら越えている人もいるというのに、わたしは温かいもてなしを受けている」という意味ですが、この句が箱根山に近い小田原などで詠われたと、誰もが思うところですが、なんと、芭蕉はこの句を名古屋で詠んでいたのです。

  ではまた、次回の水彩画をお楽しみに・・・・・サム ヤマモト

ここで、個展開催のお知らせです。

サム ヤマモトの水彩画個展(第五回)「木々の光と影と命」
場所 相模原市民ギャラリー 第一展示室
    JR相模原駅ビル セレオ相模原4階
日時 2018年2月9日(金)~2月12日(月)
     10時~19時(初日11:00より、最終日16:00まで)
この一年間に本ブログに掲載した透明水彩画の原画50点余りを展示します。
原画の美しさをご覧ください。
入場は無料ですが、チャリティ募金を行っています。チャリティにご協力いただくと、お好きな絵のプリントやカレンダーを差し上げています。
皆様のご来場をお待ちしております。

サム ヤマモト
[2018.01.29(Mon) 17:06] 自然風景Trackback(0) | Comments(0) 見る▼
↑TOPへ


リストマーク 大寒 

2018年01月20日 ()
  1月20日は二十四節気の最終節「大寒」です。寒さが最も厳しくなるころとされ、暦便覧では「冷ゆることの至りて甚だしきときなれば也」と記されています。実際には、1月26日ころから2月4日あたりまでが最も寒くなるようです。
  大寒の朝に獲れた卵を大寒卵といいます。昔はこの寒い時期には、ニワトリは卵をあまり産まなくなりました。それだけに時々生む卵には栄養がたっぷり詰まっていて健康によいと考えられたのです。また、卵の黄身は濃くその色は黄金色であることから、大寒卵を食べると金運がアップするといわれたのです。

  今日の水彩画は、「猫を抱く少女」です。家のクロ猫と孫娘です。風景画しか描かない画家が唯一描く肖像画は、孫とクロ猫だけです。柔らかな冬の陽差しを浴びて、二人ともモフモフで暖かそうです。ほっこりしますねぇ・・・・
18-01-19.jpg

  ルノアールも猫を抱いた少女を描いています。「ジュリー・マネあるいは猫を抱くこども」という題の絵で、昨年の新国立美術館で開催されたルノアール展にも出品され、大変な人気でした。登場する少女は愛らしく、抱かれた猫の笑っているような表情もとても可愛いい・・美術館の売店ではこの猫の小さな縫いぐるみが、ルノアール展限定品として販売されるほどでした。もちろん、買いましたが・・・。
   この少女「ジュリー・マネ」の母親は、印象派の女性画家ベルト・モリゾで、父親はウジューヌ・マネ、印象派草分けの画家エドヴァール・マネの弟です。ベルト・モリゾはルノワールとも親交が深かったようで、ルノワールがこの作品を描いたときは、ジュリー・マネは9歳、大切な友人の娘の絵ということで気合が入っていたようです。のちにジュリー・マネは自らも画家になり、ドガの弟子と結婚しています。

  おとうさん大寒!「寒い、寒い!今日のおかずは、オムレツにゆで卵、おでんの煮卵、卵焼き?うちは卵屋か??」「あなた、大寒卵です!滋養豊富で、金運もあり!召し上がれ!」「大寒卵は大寒の日に生まれた卵・・・まあいいか、今日は俺が生まれた日でもある、ありがとう!かみさんよりも産んだ鶏に感謝!コッ、ケッコウ」

  「大寒の 大々とした 月よかな」 一茶の句です。情景としては寒いのですが、「大々(だいだい)とした月」に、暖かさが感じられます。「大寒」の別称に「寒がはり」があるそうですが、これは寒さが変化するということで、暖かい春へ向けて季節が動きはじめる頃という意味のようです。寒が明けるともう立春です。

  ではまた、次回の水彩画をお楽しみに・・・・・サム ヤマモト

ここで、個展開催のお知らせです。

サム ヤマモトの水彩画個展(第五回)「木々の光と影と命」
場所 相模原市民ギャラリー 第一展示室
    JR相模原駅ビル セレオ相模原4階
日時 2018年2月9日(金)~2月12日(月)
     10時~19時(初日11:00より、最終日16:00まで)
この一年間に本ブログに掲載した透明水彩画の原画50点余りを展示します。
原画の美しさをご覧ください。
入場は無料ですが、チャリティ募金を行っています。チャリティにご協力いただくと、お好きな絵のプリントやカレンダーを差し上げています。
皆様のご来場をお待ちしております。

サム ヤマモト
[2018.01.20(Sat) 15:36] 食べ物Trackback(0) | Comments(0) 見る▼
↑TOPへ


リストマーク 水泉動 

2018年01月12日 ()
  七十二候では、1月10日から1月14日頃は「水泉動く(すいせんうごく)」となります。つまり地中で凍っていた泉が動き始める頃で、かすかな暖かさを感じる時期なのです。とはいうものの、昨日頃から、この冬最大級の寒波襲来ということで、日本列島が寒波に包まれ、日本海側では大雪が降っています。この寒さでは、「水泉動」で動き始める泉の水も凍り付いてしまいそうです。

  今日の水彩画は、「冬の海の日の出」です。毎年、正月には先祖のお墓に初詣と、近くの海岸で初日の出参りをするのが習わしになっています。東の海が明るくなり、やがて陽が顔を覗かせると、海面が黄金色に眩しく輝き、荒磯の波と岩々が赤く染まります。寒さに凍る顔を陽に向けると、命を育む陽の温もりを感じます。
18-01-12.jpg

  初日の出を拝む習慣は、日本古来のもののようで、もともとは、天皇の元旦の儀式である「四方拝」が始まりのようです。これが、行事として庶民の間に広まったのは、明治以降といわれています。

  先人たちが、一年で最も寒い時期に 水泉動くとし「地中では陽気が生じ,氷った水が少しずつ動き始める」としたのは、目には見えないけれど,寒さの極みは暖かさへの準備や期待でもあると言いたかったのでしょう。19世紀のイギリスの詩人による「冬来たりなば 春遠からじ」も、似たような感覚なのでしょう。

  おとうさん、最強の冬将軍来襲!「ううぅ~寒い!こんな日は炬燵で熱燗、肴は炙った氷下魚(こまい)がいい~♪」「あなた!大雪と戦っている人がいるというのにぬくぬくと・・・」「氷下魚はいまが旬、冬の海氷の下でも凍らない寒さに強い魚だ!」「氷下魚は値が高いですからメザシにしました!」「・・・まあいいか!こまいはなしにして、メザシで今年も寒さに強い体をめざす!」「あら、こちらはてんてこ舞い!」

  先日、今年初めての畑作業に行ってきました。早い野菜は3月には苗を植え始めることから、いまから準備をして堆肥などを運び込んでおくのです。堆肥の山を掘ると、発酵熱で暖かく湯気が立ちます。堆肥の下ではもう春が待ち構えていました。

  「いくたびも 雪の深さを 尋ねけり」 正岡子規の俳句です。病床にある子規が外で降っている大雪の降り積もった深さを幾度も家の人に訪ねるというものです。心楽しいはずの雪ですが、起き上がって見ることのできないもどかしさが感じられます。

  ではまた、次回の水彩画をお楽しみに・・・・サム・ヤマモト
[2018.01.12(Fri) 16:01] 季節Trackback(0) | Comments(0) 見る▼
↑TOPへ


リストマーク 正月と小寒 

2018年01月07日 ()
  遅れましたが、明けましておめでとうございます。皆様良いお年をお迎えのことと思います。今年もよろしくお願いいたします。
三が日はとてもいいお天気で、穏やかなお正月でした。1月5日は二十四節気の23番目の「小寒」にあたり、この日から立春の前日までを「寒中」といい、暦の上では寒さが一番厳しい時期となります。暦便覧には、「冬至より一陽起こる故に陰気に逆らふ故、益々冷える也」と記されています。

  今年最初の水彩画は、おめでたく「花咲か爺の森」です。枯れ木ばかりの「木もれびの森」に冬の柔らかな陽が差し込むと、枯れ枝に残った枯れ葉がキラキラと輝き、まるで、花咲か爺が枯れ木に花を咲かせたように、森が黄金色に染まります。
18-01-06.jpg

  「寒の入り」から、四日目を「寒四郎」といい、この日が晴れると麦がよくできるといわれました。また九日目を「寒九」といい、寒九の雨は豊年の前兆といわれました。気候予測などなかった昔の人にとって、何かの前兆や言い伝えを通して、その年の農作物が豊かに実ることを願うことしか出来なかったのでしょう。
気象衛星やスパコンの活用で、気象現象の予測や予知ができるようになってきた現代でも、農作物の出来はお天道様次第、今年も野菜作りを頑張ろうとしている晴耕雨描の画家にとって、天候のゆくえはお天道様や神仏に祈るばかりです。

  おとうさん、寒の入り!「寒に入ったかぁ~寒いわけだ、」「あなた、寒い寒いといって炬燵に籠っていないで、たまには寒さに身をさらないと体に毒ですよ!」「寒くて風邪をひいてしまう!」「寒晒しや寒干しのように、この時期に寒さに晒すと味が出るといいます!あなたもそろそろ味を出したら!」「ひゃ~止めてくれ!おれは寒干し大根や寒干鮭じゃないんだから、干したり晒したりしても、もう味は出ない!」

  寒九の日に汲んだ水「寒九の水」は薬になるとされました。この時期に汲んだ水は、雑菌の繁殖が抑えられ、質がよく腐りにくいことから、水の質が味に影響する酒造りでは、寒の水を使った酒は味がよいと云われ、寒の時期は酒造りの最盛期となるようです。「寒九の水」を汲みに行く観光ツアーもあるそうです。

  「乾鮭も空也の痩も寒の中(からざけも くうやのやせも かんのうち)」とは芭蕉の句です。乾鮭は干されて痩せ細っている鮭、空也は空也僧のことで、寒中修業で痩せ細り、念仏を唱え歩き回る・・・、痩せには寒の寒さが身に染みるようです。

  では、今年も週一枚の水彩画を描いていきます、お楽しみに・・・サム ヤマモト
[2018.01.07(Sun) 12:02] 季節Trackback(0) | Comments(0) 見る▼
↑TOPへ


BACK | TOP | NEXT

カウンター

カレンダー

プロフィール

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ

検索フォーム

リンク

QRコード