TOP > 夏の山歩き
 ← 野山の草木 | TOP | 水と命

リストマーク 夏の山歩き 

2013年08月09日 ()
 尾瀬を歩いてきました。鳩待峠から入山し、尾瀬ヶ原から尾瀬沼を縦断して大清水に抜ける、全行程23キロ、標高差570メートル、一泊二日の山歩きでした。尾瀬と言えば湿原を歩く平坦な山歩き、と安易に考えて出かけましたが、尾瀬ヶ原は山に囲まれた窪んだ平原に出来た湿原で、入るにも出るにも山や峠を越えることになり、雨が降り続き、濡れた木道は滑るし、年寄りには厳しい夏の山歩きとなりました。
 素人画家にとっての山歩きは、水彩画を描く風景を仕入れに行く取材旅行でもあります。今日の水彩画は、早速ながら、尾瀬ヶ原の風景「夏の尾瀬の池塘」です。ざあざあと降っていいた雨が突然止み、雲間から顔を覗かせた太陽が池塘を照らし、限りなく透き通った水面に遠景の木々を映し出しています。
13-08-08.jpg

 池塘(ちとう)は、堆積した泥炭層の隙間に浸み込んだ水がわき出て作り上げた池です。尾瀬ヶ原は、およそ8000年かけて形成された泥炭層が作り上げた湿原で、周囲とは隔絶された環境となったため、独特の生き物の生態系ができているそうです。
池塘の水面には、水草のヒツジグサ(未草)のかわいい花が浮いていました。この花は未の刻(午後2時頃)になると咲くといわれ、名前の由来になっていますが、実際には2時前でも咲いていました。ほかにも、コハギボウシ、コオニユリ、モウセンゴケ、トモエソウ、ニッコウキスゲなど、色々な花が湿原一面に咲いていました。

 おとうさん、尾瀬の山歩き!奥様同伴でめずらしいじゃないですか。「昔から山に女性を連れていくと荒れるというが、やはり雨だった!」 そうそう山の神様は女性で、女の人をつれて山に入るとやきもちを焼いて、大荒れの天気になるそうですよ。そういえば山姥(やまんば)も女性ですよね。でも、最近は「山ガール」などといって、登山をする女性が増えているそうですよ。「いいねえ、若い女性が多いのは・・・どうして山に登るの?そこに山ガールから・・」おやじギャグが寒いです!「あなた~、山姥がどうかしましたか?」「おっと!うちの山の神さん!さわらぬ神に祟りなし!退避~」

 尾瀬といえば尾瀬沼、湿原が有名ですが、山道や峠道の標高は1600m近くあり、ブナやダケカンバ、ナラの巨木が林立する険しい樹林は実に美しいものです。この美しい樹林の風景は、苦しい山歩きの休憩の口実にもなります。
 尾瀬は新潟と群馬、福島の3県にまたがる山岳地帯です。檜枝岐(ひのえまた)村から尾瀬沼、三平峠を通って片品村にぬける沼田街道は、上州と会津を結ぶ古くからの重要な交易路でした。険しい山道を抜けて尾瀬沼にたどり着いた旅人達は、美しい尾瀬沼でほっと一息ついたことでしょう。

 では、また次回の水彩画をおたのしみに・・・・・サム ヤマモト
[2013.08.09(Fri) 10:19] 自然風景Trackback(0) | Comments(0)
↑TOPへ


 ← 野山の草木 | TOP | 水と命

COMMENT

COMMENT POST















管理者にだけ表示

Trackback

この記事のURL:
http://samwatercolor.blog.fc2.com/tb.php/56-53b123bc
 ← 野山の草木 | TOP | 水と命

カウンター

カレンダー

プロフィール

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ

検索フォーム

リンク

QRコード