TOP > 猛暑
 ← 紫外線 | TOP | 夏草

リストマーク 猛暑 

2013年07月12日 ()
 梅雨が明けた途端、本当に暑い日が続いています。東京では最高気温が35度を超える3日連続の「猛暑日」になりました。7月上旬に「猛暑日」が3日以上続くのは、明治9年の統計開始以来初めてで、137年ぶりのことだそうです。
 「木もれびの森」の朝のウォーキングも汗だくになります。朝6時前とはいえ、日の出から1時間以上経っており、強い日差しが森に差し込みます。今日の水彩画は「夏の陽射し」です。強い夏の陽射しが、夏の葉が茂る木々を透して、生い茂る夏草をじりじりと照らします。それでも、森を抜ける風が、少しばかりの涼しさを草木に届けます。
13-07-12.jpg

 熱さに慣れていない体にとって、連日の猛暑は応えます。今年の赤道上の海面温度の分布が3年前の夏に似ているとのことで、今年も暑い夏になりそうです。

 おとうさん!暑いですね!ステテコとうちわの夏定番スタイルで、冷えたビールですかぁ・・・。いいですね!「いやいや、この暑さはかなわん!やっぱり寒い冬のほうがいいなあ・・・」。あれっ!冬には「暑い夏がいいなあ」って言っていましたよね?
 先日、友人から上所重助(かみどころしげすけ)という詩人の詩を教えていただきました。読んでいると、胸の中に言葉がしみ込んでくるようで、何度も読み返してしまいました。「夏がくると、冬がいい」という「おとうさん」みたいな人にぴったりなので載せてみました。
   「おかげさまで」
夏がくると、冬がいいという  冬になると、夏がいいという
ふとるとやせたいという、やせるとふとりたいという
忙しいと閑になりたいといい 閑になると忙しい方がいいという
自分に都合のいい人は善い人だとほめ、 
自分に都合が悪くなると、悪い人だと貶す(けなす)
借りた傘も雨があがれば邪魔になる 金を持てば 古びた女房が邪魔になる
世帯を持てば 親さえも邪魔になる   衣食住は昔に比べりゃ天国だが 
上を見て不平不満に明け暮れ 隣を見て愚痴ばかり
どうして自分を見つめないのか 静かに考えてみるがよい 
いったい自分とは何なのか 親のおかげ、先生のおかげ、
世間さまのおかげのかたまりが 自分ではないのか
つまらぬ自我妄執を捨てて 得手勝手を慎んだら 世の中はきっと明るくなるだろう
おれが、おれがを捨てて おかげさまで、おかげさまでと暮らしたい           

 このブログが続いているのも、アクセスしていただいている皆さんのおかげです。
   では次回の水彩画をお楽しみに・・・サム ヤマモト
[2013.07.12(Fri) 10:58] 季節Trackback(0) | Comments(0)
↑TOPへ


 ← 紫外線 | TOP | 夏草

COMMENT

COMMENT POST















管理者にだけ表示

Trackback

この記事のURL:
http://samwatercolor.blog.fc2.com/tb.php/53-ac011aea
 ← 紫外線 | TOP | 夏草

カウンター

カレンダー

プロフィール

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ

検索フォーム

リンク

QRコード