TOP > 山桜
 ← ソメイヨシノ | TOP | 河津桜

リストマーク 山桜 

2013年04月02日 ()
 四月に入り、今日は強い雨が降っています。例年より早く咲き長持ちしている桜の花も、この雨で散ってしまうのでしょうか。木洩れ日の森のサクラもようやく山桜が満開となりました。ソメイヨシノに比べ花の色が淡く葉と共に開く山桜、花も密集していなく控えめに淡く咲く桜です。今日の水彩画は、朝の薄日の中に浮かび上がる山桜を描いてみました。
13-04-02.jpg

 山桜は日本の野生の桜の代表的な種類で、桜の中でも寿命が長く、エドヒガンザクラと並んで長寿大木の桜が多いそうです。山桜はソメイヨシノと違い、同じ場所にある木でも時期が少しずれて咲くため、長く花見ができるそうです。
 山桜は古くから歌にも多く詠まれています。なかでも本居宣長の「敷島の大和心を人問はば、朝日に匂ふ山桜花」は、日本人の桜を愛でる純粋な心を詠んだもので、よく知られている歌です。後の世では、散りぎわの良い桜と大和魂を結び付け、軍人の魂やら特攻隊の部隊名などに引用されたことがありましたが、時代が自然を愛でる純粋な心をも捻じ曲げてしまうというのは、悲しいことです。百人一首にも山桜の歌があります。「もろともに あはれと思へ山桜 花より外(ほか)に知る人もなし」。山桜よ!私がおまえを愛おしく思うように、一緒に愛おしく思っておくれ、この山奥では、桜のほかに知っている人もなく寂しいのだから・・・・という意味ですかね。

 おとうさん!今日もお酒を呑んで・・・・「いいねえ~。山桜!なが~く花を楽しめるっていうことは・・・なが~く花見酒が呑めるってことだよね」。おとうさんは何でも呑めればいいのですよね。そういうのを貧乏大工っていうのですよ・・「のみ一丁」ってね。「でもよ、花見に酒はつきものだね。お酒にも桜にちなんだ銘柄が多いよ、山形の「出羽桜」、広島の「桜吹雪」、新潟にも「桜日和」なんて洒落た名前のお酒もあるよ・・・」。お酒に関してはすごい知識、他にもその向学心が生かせたらねえ・・・おとうさん!
 
 なぜ桜が咲くと、うちのおとうさんならずとも、桜の木の下で花見酒が呑みたくなるのでしょう。これには「サクラ」「サケ」、それと「相模(サガミ)」の「サの字」が関係しています。「サクラ」の語源は「稲(サ)の神が宿る座(クラ)」から来ていると前回のブログに書きましたが、つまり「サ神(サガミ)」がサクラに宿り豊作をもたらす。だから、サクラを神と崇めサケを供え豊作を祈る、これが花見と花見酒になったというわけです。

 花見と花見酒はおすみですか、えっつ!まだですか?山桜ならまだ咲いていますよ。おいしいお米をいただくためにもお花見をして神様にお願いしてくださいよ。

 ではまた、次回も桜の絵になりそうですが水彩画をお楽しみに・・・・サム ヤマモト
[2013.04.02(Tue) 11:07] 自然風景Trackback(0) | Comments(0)
↑TOPへ


 ← ソメイヨシノ | TOP | 河津桜

COMMENT

COMMENT POST















管理者にだけ表示

Trackback

この記事のURL:
http://samwatercolor.blog.fc2.com/tb.php/39-f5fe6211
 ← ソメイヨシノ | TOP | 河津桜

カウンター

カレンダー

プロフィール

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ

検索フォーム

リンク

QRコード