FC2ブログ
TOP > 金盞香
 ← 小雪 | TOP | 地始凍

リストマーク 金盞香 

2018年11月17日 ()
  早くも11月中旬、立冬の七十二候・末候「金盞香(きんせんかさく)」を迎えています。この金盞香(きんせんか)は「水仙」のことのようです。初冬から早春まで、雪の中でも寒さに負けず健気に咲く水仙ですが、別名「雪中花」とも呼ばれます。

  今日の水彩画は、「落ち葉の絨毯が広がる森の秋」です。色付いた木々の葉が一枚また一枚と落ちて、森に落ち葉の絨毯を敷きつめていきます。ようやく顔をのぞかせた朝陽に照らされ、暗い褐色の森が黄金色に輝き始めます。
18-11-17.jpg

  水仙(スイセン)はヒガンバナ科の球根植物で、原産地はスペインやポルトガル、北アフリカなど地中海沿岸といわれ、日本には二ホンスイセンが中国を経由して渡来したといわれています。水仙の学名でもある英名「Narcissus(ナルシサス)」は、ギリシャ神話の美少年の名前「ナルシサス」に由来しているようです。ナルシサスは、泉に映った自分の姿に恋をして 毎日見つめ続けたら、いつのまにか1本の花(水仙)になってしまったとか・・・。「ナルシスト」はここからきた言葉で、水仙の花言葉のひとつ「自己愛」もこの学名から来ているのでしょう。

  「水仙の香やこぼれても 雪の上」とは加賀千代女の句ですが、水仙の花は香りの良い春の草花として古くから親しまれてきました。ほのかな甘い香りは、天然香料として香水に使われていますが、水仙の葉や球根には強い毒があり、葉はニラに似ていて、球根はタマネギと似ていますから、間違えて食べないように気を付けてください。美しい花には棘がある、じゃなくて毒がある?

  おとうさん!水仙が「季節は金盞香(すいせんのはなさく)だあ!」「あなた、家の野菜畑にも水仙が!あの甘い香りが好きだわ~」「ニラのそばにあったなあ」「そうそう、夕食はニラと玉ねぎで餃子をつくりますねぇ・・」「・・・・思い出した!今日は夕飯いらない、友達と逢う約束があった!」「あら・・・・急にどうしました、あなた!」

  「スイセン」という名は、中国での呼び名「水仙」を音読みしたもので、「仙人は、天にあるを天仙、地にあるを地仙、水にあるを水仙」という中国の古典に由来するもののようです。水辺で咲く姿を仙人にたとえたのでしょう。

  「初雪や水仙の葉のたわむまで」とは芭蕉の句です。今日、待ちに待った初雪が降ってきた、その雪の重みに耐えかねて水仙の葉が折れ曲がっている・・・・。

  ではまた、次回の水彩画をお楽しみに・・・・・サム ヤマモト
[2018.11.17(Sat) 20:15] 植物Trackback(0) | Comments(0)
↑TOPへ


 ← 小雪 | TOP | 地始凍

COMMENT

COMMENT POST















管理者にだけ表示

Trackback

この記事のURL:
http://samwatercolor.blog.fc2.com/tb.php/311-ebab4932
 ← 小雪 | TOP | 地始凍

カウンター

カレンダー

プロフィール

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ

検索フォーム

リンク

QRコード