FC2ブログ
TOP > 立冬
 ← 地始凍 | TOP | 霎時施

リストマーク 立冬 

2018年11月05日 ()
  11月7日は「立冬」です。立冬とは冬の始まりのことです。「立」には新しい季節の始まりという意味があり、立春、立夏、立秋、立冬を四立(しりゅう)といって、季節の節目となります。暦便覧には、「冬の気立ち始めて、いよいよ冷ゆれば也」と記されています。立冬を過ぎると、朝夕が冷え込み日中の陽射しも弱まり、初霜や初雪の便りが届き、冬が近いことを感じさせます。この日から立春の前日までが冬となります。
 
  今日の水彩画は、「晩秋の渓流」です。緑色がすっかりと失せた木々の葉が黄色から褐色へと変り、冷たくなってきた風に揺られて、はらはらと流れに散っていきます。柔らかな陽に照らされた谷は、黄金の蒔絵のように輝きます。
18-11-05.jpg
  
  七十二候では、立冬の初候「山茶始開(つばきはじめてひらく)」にあたり、山茶花(さざんか)が咲き始める頃なのです。「山茶」は「つばき」と読みますが、「山茶花(さざんか)」のことです。といっても「山茶花」も「椿」も、同じツバキ科ツバキ属の常緑樹で、よく似ています。サザンカとツバキの見分け方ですが、ツバキは花ごと散りますが、サザンカの花びらは1枚ずつ散ります。花の時期は、サザンカは秋から冬に咲き、ツバキは春になってから咲きます。

  おとうさん、サザンカの花!「サザンカの咲く季節かあ、もう立冬だ!」「花の少ない時期に咲くサザンカは和みますねえ~」「サザンカの花の散り方もいいねえ、一枚また一枚と花弁を散らす!」「花ごと落ちるツバキは、武士に嫌われたそうですよ!あなたも、急に散らないでください!サザンカですよ!一枚一枚と・・・」「・・・・・散り際のご注文、承っておきます・・・・・」

  サザンカは日本の固有種で、寒さに強いイメージですが、野生種は寒さに弱く、暖かい地方に自生していました。「山茶花」という名は、ツバキの中国名「山茶(さんさ)」が間違って付けられたようで、読みは「山茶花(さんさか)」が「茶山花(ささんか)」となり、「山茶花(さざんか)」になったようです。花の少ない晩秋から初冬にかけて咲き出す山茶花の花言葉は、「困難に打ち克つ」「ひたむきさ」「理想の恋」というのですが、寒さが強まる季節にも負けずに花を咲かせる姿に由来しているようです。

  「山茶花を 雀のこぼす 日和かな」とは正岡子規の俳句です。サザンカが花ビラを一枚一枚放すように散るようすをみて、スズメのいたずらと詠んだ子規。生きものにたいする優しさが感じられます。

  ではまた、次回の水彩画をお楽しみに・・・・・・サム ヤマモト
[2018.11.05(Mon) 14:11] 植物Trackback(0) | Comments(0)
↑TOPへ


 ← 地始凍 | TOP | 霎時施

COMMENT

COMMENT POST















管理者にだけ表示

Trackback

この記事のURL:
http://samwatercolor.blog.fc2.com/tb.php/309-87accb80
 ← 地始凍 | TOP | 霎時施

カウンター

カレンダー

プロフィール

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ

検索フォーム

リンク

QRコード