FC2ブログ
TOP > 鶺鴒鳴
 ← 秋分 | TOP | 白露

リストマーク 鶺鴒鳴 

2018年09月14日 ()
  9月13日からは、七十二候の四十四番目、白露の次候「鶺鴒鳴(せきれいなく)」です。この時期は、セキレイが鳴き始める頃とされています。それにしても鶺鴒をはじめとして鳥の漢字は難しいものばかりです。鸚鵡(おうむ)、鴛鴦(おしどり)などは、読めないし書けません。信天翁(あほうどり)に至ってはいったい誰が、こんな漢字を当てはめたのでしょう。

  今日の水彩画は、「初秋の渓流」です。先週、7年ぶりに奥入瀬に行ってきました。何度訪れても素晴らしい風景です。北国の渓流は早くも秋の気配、轟々と音を立てる流れに、風に吹かれて散る落ち葉が吸い込まれていきます。まるで枯れ葉が散る秋の寂しさを消し去るように。
18-09-14.jpg

  鶺鴒(せきれい)は、もともとは寒いところの鳥で、北海道や東北でしか見かけない鳥でしたが、次第に生息地が南下して、今では西日本でも見ることができるそうです。セキレイは、川沿いや池、沼といった水辺を拠点として、主に昆虫などを食べています。畑を耕すと、土の中から現れた虫をねらって、セキレイが何羽もやってきます。今頃はあちらこちらで秋の虫たちが鳴き始めるころです。秋の虫を狙ってセキレイが活発になるのかもしれません。

  おとうさん、虫の声!「秋だねえ~虫の声!」「でも、あなた、虫たちがどんな鳴き声だったか覚えている?」「キリギリスはギーチョン、コウロギはコロコロコロ、スズムシはリーリー?」「あら、スズムシはリーンリーンでしょう?」「うん、スズムシはメスを呼ぶ時と口説くときは違うらしい!」「あら、昔のあなたみたい!」「・・・・・・」

  俳句で「虫」といえば、秋に草むらで鳴く虫たちのことを指し、秋の季語になっています。虫の声が賑やかな様子は「虫時雨(むししぐれ)」、暗闇に虫の声だけが聞こえる「虫の闇」、昼間に鳴く「昼の虫」など、秋の風流な言葉もたくさんあります。よく「虫の声」「虫の鳴き声」「虫の音」などといいますが、オスたちが求愛のために翅(はね)を鳴らしているので、「鳴き声」ではなく、「虫の音」なのでしょう。草むらや、家のまわりでも、オスの虫たちがそれぞれの楽器で、演奏会を開いています。

  「行水のすて所なき虫のこゑ」上島鬼貫の句です。鬼貫(おにつら)は「東の芭蕉、西の鬼貫」といわれたほど、優れた俳人でした。夕方、行水をした水を流そうと思ったら、草むらのあちこちから虫の鳴き声が聞こえ、水を捨てる場所がない・・・・・。

  ではまた、次回の水彩画をお楽しみに・・・・・・サム ヤマモト
[2018.09.14(Fri) 20:45] 動物Trackback(0) | Comments(0)
↑TOPへ


 ← 秋分 | TOP | 白露

COMMENT

COMMENT POST















管理者にだけ表示

Trackback

この記事のURL:
http://samwatercolor.blog.fc2.com/tb.php/302-ad2eef91
 ← 秋分 | TOP | 白露

カウンター

カレンダー

プロフィール

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ

検索フォーム

リンク

QRコード