TOP > 雪やこんこん
 ← 雪景色 | TOP | 七草粥

リストマーク 雪やこんこん 

2013年01月17日 ()
 首都圏にも雪が積もりました。それも成人の日に。雪の中を寒さに震えながら晴れ着で迎えた成人式もいい思い出になったことでしょう。そういえば、娘の成人式の日も雪で、雪の中を車で送り迎えしたことを思い出しました。
 今日の水彩画はもちろん森の雪景色です。雪が降った翌朝、森の斜面の奥から朝日が木々に積もった新雪を照らし出します。相模原の木もれびの森にしては少し雪が多い・・・?実は新潟の山の雪景色です。もちろん雪の翌朝は木もれびの森へ雪中行軍(古いですね)で出かけました。めったに降らない雪が積もった朝、しかも快晴なんて数年に一度あるかないかの好機でしたから。
13-01-16.jpg

 今回の積雪は8センチでしたからこの程度では雪景色はあまり美しくなく、一面の銀世界ってわけにはいかないようです。白く輝く新雪、雪の表面が光をすべて跳ね返してしまうことから真っ白になるのです。積もった雪が青く透けてみえることがありますが青色の波長の光が透過しやすいためなのです。雪景色は美しいものです。白い紙に薄くセルリアンブルーで影を付けるだけで柔らかな雪が輝きます。

 おとうさん、こたつに入って雪見酒ですか。いいですね雪の日は・・・・。「あなた!雪かきしてくださいよ!呑んでばかりで、まったく・・」「はいはい!」。おおっつ、外は寒いですね。でも雪かきで体が暖まりますよ!「あなた!そこはお隣の玄関前でしょう、雪を積み上げてはだめです・・、あなた!そこは、お向かいの駐車場の出口でしょう、そこは・・・・」「いったい何処に雪を捨てれば・・・・」。黙々と雪かきしていますね・・・・・おとうさん頑張って!「あなた!家の前に大きな雪だるま3つも作ってどうするのですか・・・・・」

 めったに雪の降らない地域では少しの積雪でも大騒ぎとなります。電車は止まり、高速道路は通行止め、滑って転んで数百人のけが人。毎年2~3メートルの積雪が当たり前の雪国の人たちからみると、わずかな雪でどうして?と不思議に思えるに違いありません。「備え」ですね、備えの違いですよね。「備えあれば憂いなし」ひとはみな解っているのですが、それでも、めったにあることじゃないので、まあいいかっ!
 東南海トラフの巨大地震は必ず起こるといわれています。こればかりは「まあいいかっ!」というわけにはいきません。命を守るために、必要最小限の備えといざという時の行動、そして覚悟が必要です。いつ起こるかわからないことに対して、「いつも備えておく」というのは難しいことです。だから「起こるものだ」と覚悟を決め、備えておくことが必要なのでしょう。

 今週末は雪国で遊んできます。雪景色の水彩画をお楽しみに・・・サム ヤマモト
[2013.01.17(Thu) 17:01] 自然風景Trackback(0) | Comments(1)
↑TOPへ


COMMENT

管理人のみ閲覧できます by -

コメントを閉じる▲

 ← 雪景色 | TOP | 七草粥

COMMENT

このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2013.01.29(Tue) 17:23] URL | # | EDIT |

COMMENT POST















管理者にだけ表示

Trackback

この記事のURL:
http://samwatercolor.blog.fc2.com/tb.php/30-d8060180
 ← 雪景色 | TOP | 七草粥

カウンター

カレンダー

プロフィール

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ

検索フォーム

リンク

QRコード