FC2ブログ
TOP > 温風至
 ← 鷹乃学習 | TOP | 小暑

リストマーク 温風至 

2018年07月11日 ()
  小暑の七十二候の初侯は、「温風至(おんぷういたる)」とあり、梅雨が明けて暖かい(暑い)風が吹き、猛暑がやってくる頃です。梅雨の終わりはいつも大雨の被害がありますが、今年も西日本の記録的豪雨で多くの方が犠牲になってしまいました。もっと早くに避難が出来ていれば、尊い命を失わずに済んだものをと、いつも悔しい思いが残ります。真夜中に避難指示が出ても、避難できるものでしょうか。地域全体で助け合って早めに避難する訓練を重ねる必要があるのではないでしょうか。

  今日の水彩画は、「夏の雑木林の朝陽」です。雨上がりの夏の雑木林に、早朝から強烈な陽が差し込みます。湿った空気が漂う青緑の林のなかに、陽の通り道が開き、その先に照らし出された草木が光ります。
18-07-11.jpg

  真夏の木々の緑は、初夏の淡い緑(若草色)とは異なり、碧緑(青緑)です。この深い緑が、森の茂みをより奥深く見せ、緑の魔境を創り出します。
  碧は「緑に近い青緑色」を意味する漢字ですが、「碧」の漢字は「王」「白」「石」の3つに分解できます。「王」は「玉」と書き宝石を表し、「白」は輝くことを、「石」は石そのものを意味し、これらの組み合わせから、光り輝く宝石の石を表わしました。特に青緑色の光沢をもつ石に使われたことから、「青緑色」を意味するようになったようです。

  おとうさん、酷暑!「暑い!暑くて信号が青だか赤だか分からなくなる!」「あなた、大丈夫?信号は緑色!」「信号は青だろう!」「あれは緑です!」「だから、色は緑だけど青っていうの!」「あれは緑です!」「だから、古代の日本では色の言葉が白、赤、青、黒の4つしか無く、緑も青って言ったの!」「どうして古代の言葉が?」「それが歴史なのだ!今でも、青々とした緑、青汁、青菜、というだろう!」「だけど・・・・やっぱり日本語って変だわ!」

  「江碧鳥愈白、山青花欲然、今春看又過、何日是帰年」は、中国唐の時代の杜甫の詩です。「川の緑に映えて鳥はますます白く、山の青さに映えて花は燃えんばかりだ、今春もまた見る間に過ぎていく、いったいいつになったら、故郷に帰れることだろう」という詩ですが、碧(あおみどり)、白、青、然(紅)と色彩豊かな漢字で、まるで絵に描いたような色の対比と鮮やかな色彩表現に驚かされます。

  「水底の草にこがるるほたる哉」とは蕪村の句ですが、水草から生まれたといわれる蛍が水底の草に焦がれる気持ちを詠んだのでしょうか。

  ではまた、次回の水彩画をお楽しみに・・・・・サム ヤマモト
[2018.07.11(Wed) 18:30] 色彩Trackback(0) | Comments(0)
↑TOPへ


 ← 鷹乃学習 | TOP | 小暑

COMMENT

COMMENT POST















管理者にだけ表示

Trackback

この記事のURL:
http://samwatercolor.blog.fc2.com/tb.php/294-936bf5ab
 ← 鷹乃学習 | TOP | 小暑

カウンター

カレンダー

プロフィール

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ

検索フォーム

リンク

QRコード