TOP > 七草粥
 ← 雪やこんこん | TOP | 日の出

リストマーク 七草粥 

2013年01月07日 ()
 お正月も7日正月を迎え松飾りもとれ、忙しい一年の始まりです。正月はゆっくりと出来ましたか?私は正月二日に墓詣に行くついでに、一日遅れの初日の出を拝んできました。今日の水彩画は、神奈川県津久井浜の初日の出(厳密には二日目の日の出)です。太陽が顔をのぞかせ眩しい光と温もりを浴びせかけられた瞬間、古代の人が太陽を神と崇拝する気持ちが理解できる気がしました。
13-01-07.jpg

 さて、正月七日の朝は七草粥です。今朝はお粥でしたか?えっ朝はパン食ですかぁ・・・・。春の七草「セリ・ナズナ・ゴギョウ・ハコベラ・ホトケノザ・スズナ・スズシロ」は(スーパーにいくとセットで買えるそうです)すべて薬草ですから、お正月の暴飲暴食で弱った胃腸を休めるとともに、一年の無病息災を祈りお粥に入れて食べるのです。
 セリは強壮・増血作用、ナズナ(ぺんぺん草)は解熱・利尿作用、ゴギョウ(母子草)は咳を鎮め痰を取る作用、ハコベラ(はこべ)は整腸作用・生葉は口臭予防(古くは歯磨き粉)。ホトケノザ(コオニタビラコ)は健胃・整腸と高血圧予防、スズナ(かぶ)とスズシロ(大根)は消化促進作用、などの効能があるとされています。
 「きみがため 春の野にいでて わかなつむ 我衣手に 雪はふりつつ」と百人一首にもあるように、命の息吹を感じさせる早春の若菜を摘んで食する習慣は万葉の時代からあったようです。七草粥は古くからある健康ハーブスープなのでしょう。

 おや?おとうさん、お正月も終わりだというのに、朝からお酒を呑んで・・。「いや~、うまい!朝酒は・・。正月のお節とお屠蘇が余っているから整理しようと思ってねえ・・・ウィック」。大丈夫ですかねえ~、来ましたよ!「あなた!いつまで正月気分で呑んでいるのですか、仕事、仕事でしょう!怠け者~」「ひえ~!」 おとうさん、逃げ出しましたねえ・・・。ここの家にナマハゲがやって来るのですか?あっつ!奥様でしたか・・・。

 旧暦では正月は1月のことですから正月は1月末日までをいいます。この正月という呼び名は、中国の秦の始皇帝が政月(政治の月)としたものが正月になったといわれます。古くは政治に専念する月、頑張って仕事をする月だったようです。
 日本の正月は家に歳神様をお迎えし祝う行事です。歳神とは1年の初めにやってきて、その年の作物が豊かに実るように、家族みんなが元気で暮らせるよう見守ってくれる神様です。人が亡くなると「ご先祖様」になり、春になると「田の神」に、秋が終わると山へ帰って「山の神」に、そして正月には「歳神」になって子孫の繁栄を見守ってくれているのだといいます。
 今年も健康で実り多き一年でありますように「歳神様」にお願いしましょう。2013年も日本の美しい景色をたくさん水彩画に描いていきたいと思います。
 ではまた次回・・・サム ヤマモト
[2013.01.07(Mon) 14:53] 季節Trackback(0) | Comments(1)
↑TOPへ


COMMENT

管理人のみ閲覧できます by -

コメントを閉じる▲

 ← 雪やこんこん | TOP | 日の出

COMMENT

このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2013.01.11(Fri) 04:01] URL | # | EDIT |

COMMENT POST















管理者にだけ表示

Trackback

この記事のURL:
http://samwatercolor.blog.fc2.com/tb.php/29-09b3b8a0
 ← 雪やこんこん | TOP | 日の出

カウンター

カレンダー

プロフィール

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ

検索フォーム

リンク

QRコード