TOP > 虹始見
 ← 穀雨 | TOP | 鴻雁北

リストマーク 虹始見 

2018年04月18日 ()
  4月15日から七十二候では、二十四節気の清明の末候「虹始見(にじはじめてあらわる)」で、春の雨上がりに空に初めて虹がかかる頃となります。春になり冬の乾燥した空気から、潤いがたっぷりの空気に変わり、雪が雨に変わり、地面もしっとりと潤い、花が咲き乱れ新緑が溢れる季節なのです。

  今日の水彩画は、「木もれびの森の枝垂桜」です。今年は、木もれびの森の枝垂桜の開花も早く、隣の山桜が散る前に満開となりました。森の広場の枝垂桜、木の陰からようやく朝陽が差し込んでくると、薄桃色の大きな髪飾りと柔らかなドレスを身にまとった女神のように、春の喜びを舞踊ります。
18-04-18.jpg

  枝垂桜は早咲きのものと遅咲きのものとがあるようで、一重より八重の桜が遅いようです。長い枝を垂れ下げ、その先端にたくさん花をつける桜ですが、なぜ枝が垂れるのでしょうか。ふつうの植物の枝は強さと太さがあり、陽に向かって上に伸び続けます。しかし枝垂桜は、枝が細く重力に逆らえずに、下に垂れてしまうようです。

  虹とは、赤から紫までの光のスペクトルが並んだ、空に浮かぶ円弧状の光の帯です。陽の光が空気中の水滴によって屈折、反射されるときに、水滴がプリズムの役割をするため、光が分解されて、色の帯が見える現象です。現在では、虹の色の数は7色とされていますが、物理学的には無限の色があると見るのが正しいようです。

  おとうさん、初虹!「おお虹だ!お~い、見てごらん春の虹だ!」「あら、美しいじゃありませんか!虹が出ると雨が上がったってことよね!あなた、畑!今どきの雨は穀雨といって、畑には恵みの雨、作物が育ちますよ!」「あぁ・・あの虹のかなたに希望を見たのに・・・」「虹はすぐに消えますよ!畑、畑!」「あぁ~酷う・・・」

  虹色を7色と定めたのは、英国の物理学者ニュートンだそうです。当時の英国では虹の色は赤黄緑青紫の5色と考えられていましたが、ニュートンはオレンジ色と水色を加えて7色としました。ニュートンは虹色が無限にあることを知っていましたが、当時は7が神聖な数とされていたようです。昔は日本でも5色とされていましたし、今でも国によって色の数が違うようで、虹色の数は科学ではなく、文化の問題のようです。

  「初虹もわかば盛りやしなの山」 一茶の句ですが、めずらしく自然の風景を素直に詠んでいます。「虹」は夏の季語ですが、「初虹」となると春の季語となります。

  ではまた、次回の水彩画をお楽しみに・・・・・サム ヤマモト
[2018.04.18(Wed) 10:52] 季節Trackback(0) | Comments(0)
↑TOPへ


 ← 穀雨 | TOP | 鴻雁北

COMMENT

COMMENT POST















管理者にだけ表示

Trackback

この記事のURL:
http://samwatercolor.blog.fc2.com/tb.php/283-236bd502
 ← 穀雨 | TOP | 鴻雁北

カウンター

カレンダー

プロフィール

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ

検索フォーム

リンク

QRコード