TOP > 鴻雁北
 ← 虹始見 | TOP | 清明

リストマーク 鴻雁北 

2018年04月11日 ()
 七十二候では今頃は、清明の次候にあたり「鴻雁北(こうがん きたにかえる)」とあります。初候に「玄鳥至(つばめ いたる)」とあるように、日本にやってくるツバメと交替するように、雁(ガン、かり)が北の国へ帰っていく時季です。

  今日の水彩画は、「千鳥ヶ淵の桜」です。春の陽ざしを浴びて、満開の桜が皇居のお堀を覆います。紫禁(皇居)の桜だけあって高貴な紫色の影を水面に映します。
18-04-11.jpg

  渡り鳥は3種類に分けられるそうです。ツバメのように、春に日本に帰ってきて子育てし、秋になると南へ旅立つ「夏鳥」。雁やオオハクチョウのように、寒さが厳しくなる頃日本にやってきて冬を越し、春には子育てのため北の国に戻る「冬鳥」。そしてシギやチドリの仲間のように、日本より北の国で子育てし、日本より南の国で冬を越す、渡りの途中で日本に立ち寄って休む「旅鳥」がいます。渡り鳥の渡る目的はやはり子育てのようです。 食べ物が入手しやすくヒナを育てやすい場所へと、体内時計を駆使して太陽や星座をたよりに移動します。

  里山では散って葉桜となった桜に替わり、山吹の黄色い花が満開となりました。山吹はバラ科の低木で、花には一重と八重があり、八重の山吹には実が生りません。山吹色という黄色は、梔子(クチナシ)の実を煎じて染めた色です。古今和歌集に「山吹の花色衣ぬしやたれ問えどこたえず口なしにして(美しい黄色の衣の持ち主を問うても返事がない、クチナシの実で染めた黄色なのだから)」という歌があります。イギリスでは山吹を、イエロー・ローズとかジャパニーズ・ローズと呼んでいるそうです。

  おとうさん、桜が散りました!「花見酒が呑めなかったなあ!でも、今は山吹の花が咲いているから花見だ!酒が呑める!」「あなた、山吹といえば~七重八重 花は咲けども 山吹の 実(酒)のひとつだに なきぞ悲しき~というわけで、お酒がありません!」「道灌できたか!八重の山吹は実がないが一重の山吹には実が付くのだ!うちに酒が無くても酒屋にはたくさんありますよ!」「あなた!山吹色はクチナシの実で染めます!だから返事しない、クチナシですから!」

  「山吹や宇治の焙炉の匂ふ時(やまぶきや うじのほいろの におうとき)」とは芭蕉の俳句です。宇治は茶の産地ですが山吹の名所でもあり、山吹が咲き誇っている、今頃は茶の焙煎のさかりできっと馥郁たる茶の匂いがあたりに満ちていることであろう、という香りを感じる句ですが、山吹の花に匂いは無いそうです。

  ではまた、次回の水彩画をお楽しみに・・・・・サム ヤマモト
[2018.04.11(Wed) 21:07] 自然風景Trackback(0) | Comments(0)
↑TOPへ


 ← 虹始見 | TOP | 清明

COMMENT

COMMENT POST















管理者にだけ表示

Trackback

この記事のURL:
http://samwatercolor.blog.fc2.com/tb.php/282-e8d9c3d9
 ← 虹始見 | TOP | 清明

カウンター

カレンダー

プロフィール

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ

検索フォーム

リンク

QRコード