TOP > 桜始開
 ← 清明 | TOP | 菜虫化蝶

リストマーク 桜始開 

2018年03月26日 ()
  3月26日からは、七十二候では「桜始開(さくらはじめてひらく)」となり、桜の花が咲き始める頃で、いよいよお花見の季節の到来です。東京では、今年は開花が平年に比べ9日ほど早く17日に開花と宣言され、昨日で満開となりました。これから、東北、北海道へと桜前線が北上していきますが、北へ行くほど開花から満開までの期間が短くなるそうで、北国は一気に花開く春を迎えます。

  今日の水彩画は、「満開の御苑の桜」です。いよいよ桜満開の季節がやってきました。春の陽ざしを背に受けて、桜が一斉に花を開きます。こぼれそうなほどに花をつけた枝が春風に揺れて、土手下の水際にむけて花達を誘います。
18-03-25.jpg

  日本の色名に桜色(さくらいろ)という色がありますが、ほんのりと色付いた淡い紅色のことです。紅染めの中でもっとも淡い色で、山桜(ヤマザクラ)の花の色とされ、平安時代から使われていました。いまではすっかり桜の代表格となったソメイヨシノは江戸末期に品種改良された桜で、もう少し紅色が濃い花です。桜鼠(サクラネズミ)という色もあります。淡い紅色に檳榔樹の灰色あるいは薄墨色が加わり、わずかにくすんだ薄い桜色のことです。いわゆる墨染(すみぞめ)の桜です。

  おとうさん、桜が満開!「いいねえ、酒なくて何の己が桜かな・・・やはり満開の桜ときたらお酒でしょう!こうして桜の木の下で若い女性相手に、燗酒を差しつ差されつ・・・ぬる燗だねえ、そのうち女性の頬がちょっぴり桜色になって・・・・ウッシッシ」「あなた、冷めたお茶の入ったお茶碗をあっちに寄せ、こっちに戻しながらニヤニヤ、ブツブツ、どうしましたか?大丈夫ですか?暖かくなってきたから、春ボケですか・・・・」

  薄紅色には、一斤染(いっこんぞめ)という色があります。一斤染は、染料の紅花一斤(600g)で絹一疋(二反)を染めた淡い紅色のことです。平安時代は高価な紅花染めの濃い紅は「禁色(きんじき)」とされ、天皇の許可がない限り着用が禁止されていました。一斤染(薄い紅染)の場合は、「ゆるし色」として身分の低いものの着用が許されました。春の桜の季節に、桜の花のような「ゆるし色」の着物を着て、身分が低いとはいえ風流で上品な暮らしをしていたのでしょう。

  「初桜折りしも今日は良き日なり」とは芭蕉の句です。「境内には初桜が咲いて、今日は句会の発足にふさわしいよい日だ」という意味ですが、桜の季節は卒業式や入学式、入社式と新たな門出の季節でもあります。

  ではまた、次回の水彩画をお楽しみに・・・・・・サム ヤマモト
[2018.03.26(Mon) 17:01] 色彩Trackback(0) | Comments(0)
↑TOPへ


 ← 清明 | TOP | 菜虫化蝶

COMMENT

COMMENT POST















管理者にだけ表示

Trackback

この記事のURL:
http://samwatercolor.blog.fc2.com/tb.php/280-670c979d
 ← 清明 | TOP | 菜虫化蝶

カウンター

カレンダー

プロフィール

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ

検索フォーム

リンク

QRコード