FC2ブログ
TOP > 桃始笑
 ← 菜虫化蝶 | TOP | 啓蟄

リストマーク 桃始笑 

2018年03月11日 ()
  3月11日は七十二候の「桃始笑(ももはじめてさく)です。笑と書きますが「さく」と読みます。蕾がほころび、桃の花が咲き始める頃と言われています。この時期、梅は少なくなっているものの、桃や桜はこれからどんどん咲いていきます。

   今日の水彩画は、「満開の白梅」です。桃が咲くにはまだ早く、里山では梅の花が満開となっています。桃や桜に比べ花数の少ない白梅の花が、春の陽を浴びて薄く霞のように白く輝きます。
18-03-11.jpg

   「笑」と書いて「さく」と読みますが、「笑」と「咲」の漢字には深い関係があるようです。「笑」の漢字では、竹は竹かんむりではなく両手を広げている形で、巫女 (みこ) が手をあげ首を傾げて舞い祈る姿を表し、舞をささげられた神様が喜び笑う、という意味があるのです。「咲」については本来「口」に「笑」をつけた漢字で、「口元をゆるめて笑う」という意味があります。

  梅、桃そして桜と、色とりどりの花が順に咲く時期は、華やかな景色が春を彩ります。さて、梅、桃と桜のそれぞれの花の違いは、近づいてよく見ないとわかりません。まず花弁の違いは、桜は先割れ、桃は尖った花、梅は小さく丸い花弁です。つぎに花から伸びる花柄は、桜の花柄は長く、桃は花柄が短く、梅に花柄はなく枝に直接花が付きます。そして花の数を決める花芽は、桜の花芽はひと節に複数個あり、桃の花芽はひと節に2個、梅の花芽はひと節に1個です。こうして花の特徴がわかると、同じ満開でも、華やかな桜とすこし寂し気な梅の花の違いがよくわかります。

  おとうさん、桃の花!「桃始めて咲く!いい季節だねえ!梅子、桃子そして桜子、いいねえ若い娘は・・・」「あなた!どこの女の子の話ですか?」「いいや、春の花の話だ!梅に桃に桜、その美しさの違いは近づいてよ~く見ないと分からない、香りもかいでみないと!」「あなた!私はどうなの?」「どれどれ、梅干に桜花の塩漬けと、桃の缶詰!」「なんですって!私は保存食?」「それも賞味期限が・・」

  「さくらより桃にしたしき小家哉」 とは俳画を得意とする与謝蕪村の俳句です。小さな家に桃の花が咲いていて、このような家には桜より桃が似つかわしい、という意味ですが、まるで里山の春を絵に描いたように詠んでいます。
 桃には、果実が生る「実桃」と花を楽しむ「花桃」があります。実桃は黄桃や白桃など食用として栽培されるもので、花桃は園芸種として栽培されているものです。

  ではまた、次回の水彩画をお楽しみに・・・・サム ヤマモト
[2018.03.11(Sun) 17:20] 植物Trackback(0) | Comments(0)
↑TOPへ


 ← 菜虫化蝶 | TOP | 啓蟄

COMMENT

COMMENT POST















管理者にだけ表示

Trackback

この記事のURL:
http://samwatercolor.blog.fc2.com/tb.php/278-b74e625d
 ← 菜虫化蝶 | TOP | 啓蟄

カウンター

カレンダー

プロフィール

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ

検索フォーム

リンク

QRコード