FC2ブログ
TOP > 霞始靆
 ← 啓蟄 | TOP | 魚上氷

リストマーク 霞始靆 

2018年02月24日 ()
  2月19日ごろから、二十四節気では「雨水」、空から降るものが雪から雨に変わり、雪が溶け始めるころという季節です。暦便覧には「陽気地上に発し、雪氷とけて雨水となればなり」と記されています。実際には寒さや積雪が頂点となることから、この時季から寒さも峠を越え、いよいよ春が近づいてくることが感じられころなのです。昔から農作業の準備を始める目安とされてきました。

  今日の水彩画は、「春を告げる紅梅」です。まだ冷たい風が吹く林の中で、百花繚乱の春の始まりを告げるように、紅梅の花が咲いています。裸木ばかりの林の中で、ひとり派手な衣装をまとい、春の到来を告げながら舞っています。
18-02-23.jpg

  紅梅の木の断面はピンクの淡い紅色をしていて、白梅の木の断面は白っぽい色をしているそうです。紅梅の実は小さくて固く、白梅の実のように食用にはなりませんが、美しい淡い紅色の幹は、器や家具などを作る木材として人気があるそうです。

  おとうさん、梅の花!「いよいよ春~、梅は咲いたか桜はまだかいな~♪」「あれは紅梅ですねえ~きれい」「あのな、花が紅色だから紅梅とは限らないの、木の幹の断面が紅色だと紅梅、白色だと白梅だ!花ではなく木の種類なのだ!だから、紅梅の木に白花、白梅の木に紅花が・・・」「あなた!またややこしいことばかり!赤なら紅梅、白なら白梅でいいじゃありませんか!」「だから、本質は中味だと・・」「開いてみないとわからないあなたのお腹の中みたい!」「・・・・・・」

  七十二候では、今頃は雨水の次候「霞始靆(かすみはじめてたなびく)」です。春になると大気中に水滴や細かな塵が増え、また、霧やもやのために遠くの山や景色がぼやけて見えることがあります。また、煙や雲が上に上らずたなびいたように見えることもあり、こうした現象を古来より「霞(かすみ)」と呼んできました。
  近年、空気中に飛散するもののなかに杉花粉があり、花粉症の方には辛い時期になってきます。これは、PM2.5の様な微小粒子状物質には、物と物がくっつく力「分子間力」があるため、花粉などと結合して「悪玉花粉」になるのではないかといわれています。「春霞」は風情がありますが、花粉症による鼻水や涙は困ります。

  「春雨や いさよふ月の 海半」 与謝蕪村の句です。「いさよふ」はためらうという意味です。また、「海半」の読みは「うみなかば」です。春雨の雲間に、海面からためらうように月が顔を覗かせている、という絵のような情景が浮かんできます。

  ではまた、次回の水彩画をお楽しみに・・・・・サム ヤマモト
[2018.02.24(Sat) 11:01] 自然風景Trackback(0) | Comments(0)
↑TOPへ


 ← 啓蟄 | TOP | 魚上氷

COMMENT

COMMENT POST















管理者にだけ表示

Trackback

この記事のURL:
http://samwatercolor.blog.fc2.com/tb.php/276-4bd4172a
 ← 啓蟄 | TOP | 魚上氷

カウンター

カレンダー

プロフィール

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ

検索フォーム

リンク

QRコード