TOP > 立春
 ← 東風解凍 | TOP | 水沢腹堅

リストマーク 立春 

2018年02月02日 ()
  2月4日は二十四節気の始まり、「立春」です。冬が極まり春の気配が立ち始める日です。暦便覧には「春の気立つを以って也」と記されています。この日から立夏の前日までが春となります。南の地方では梅が咲き始めますが、東日本や北日本では、この頃に大寒波や暴風雪などの荒れた天候となることが多いといわれます。

  今日の水彩画は、「朝陽の当たる雪原」です。氷点下十数度にもなる雪原の朝、山の向こうに陽が昇ると、暖かそうな光が雪原を照らします。早朝に水を汲みに来たのでしょうか、雪原を横切る足跡は、まるで朝陽が残したもののようです。
18-02-02.jpg

  立春は暦の始まりの日で、八十八夜、二百十日などの雑節の起算日となっています。桜の開花時期も、立春からの気温の積算で推定できるようです。
  秋にできた桜の花のつぼみは一度休眠します。この休眠から目覚めるきっかけは、その年の最低気温なので、だいたい立春の頃なのです。その後は暖かい日が続くことで桜が春を感じて開花に向かいます。目安としては、立春からの日々の最高気温の積算が540℃くらいに達したときです。暖かい日が続けば早まるし、2月、3月に雪が降るほど寒い日が続けば開花は遅くなります。

  おとうさん、立春!「おお寒い!立春とはいえ今頃が一番寒い!布団から抜け出せない!」「おなた、早く起きてくださいな!朝ご飯ですよ!」「もう少し眠らせておくれ!桜の蕾は一度休眠してから開花するそうじゃないか!」「あなたはもう枯木のようですから、休眠しても花は咲かないのでは?」「枯木に花の花咲じじい、だっているだろう!」「はいはい、花咲じじいの灰ですか?お線香を焚いときます!」「・・・・・」

  東京の桜の開花は靖国神社にある標準木の3本のソメイヨシノのうち2本に5、6輪の花が咲くと開花となります。これまでの記録では、東京の平年の開花日は3月26日だそうで、日々の気温の上下を加味すると一週間ほど前後するようです。開花から満開までが一週間、満開から花が散るまでが一週間、さて花の見頃を立春の今から予測するのは至難の業のようです。

  「関守の火鉢小さき余寒かな」 蕪村の句です。「余寒」 とは春の季語で、立春を過ぎても尚残っている寒さのこと、「関守」 は関所を守る役人で、寒村での勤務の侘しさと身にしみる寒さが漂っている句です。

  ではまた、次回の水彩画をお楽しみに・・・・・・サム ヤマモト

ここで、個展開催のお知らせです。

サム ヤマモトの水彩画個展(第五回)「木々の光と影と命」
場所 相模原市民ギャラリー 第一展示室
    JR相模原駅ビル セレオ相模原4階
日時 2018年2月9日(金)~2月12日(月)
     10時~19時(初日11:00より、最終日16:00まで)
この一年間に本ブログに掲載した透明水彩画の原画50点余りを展示します。
原画の美しさをご覧ください。
入場は無料ですが、チャリティ募金を行っています。チャリティにご協力いただくと、お好きな絵のプリントやカレンダーを差し上げています。
皆様のご来場をお待ちしております。

サム ヤマモト

[2018.02.02(Fri) 20:27] 植物Trackback(0) | Comments(0)
↑TOPへ


 ← 東風解凍 | TOP | 水沢腹堅

COMMENT

COMMENT POST















管理者にだけ表示

Trackback

この記事のURL:
http://samwatercolor.blog.fc2.com/tb.php/273-71482cfa
 ← 東風解凍 | TOP | 水沢腹堅

カウンター

カレンダー

プロフィール

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ

検索フォーム

リンク

QRコード