FC2ブログ
TOP > 大寒
 ← 水沢腹堅 | TOP | 水泉動

リストマーク 大寒 

2018年01月20日 ()
  1月20日は二十四節気の最終節「大寒」です。寒さが最も厳しくなるころとされ、暦便覧では「冷ゆることの至りて甚だしきときなれば也」と記されています。実際には、1月26日ころから2月4日あたりまでが最も寒くなるようです。
  大寒の朝に獲れた卵を大寒卵といいます。昔はこの寒い時期には、ニワトリは卵をあまり産まなくなりました。それだけに時々生む卵には栄養がたっぷり詰まっていて健康によいと考えられたのです。また、卵の黄身は濃くその色は黄金色であることから、大寒卵を食べると金運がアップするといわれたのです。

  今日の水彩画は、「猫を抱く少女」です。家のクロ猫と孫娘です。風景画しか描かない画家が唯一描く肖像画は、孫とクロ猫だけです。柔らかな冬の陽差しを浴びて、二人ともモフモフで暖かそうです。ほっこりしますねぇ・・・・
18-01-19.jpg

  ルノアールも猫を抱いた少女を描いています。「ジュリー・マネあるいは猫を抱くこども」という題の絵で、昨年の新国立美術館で開催されたルノアール展にも出品され、大変な人気でした。登場する少女は愛らしく、抱かれた猫の笑っているような表情もとても可愛いい・・美術館の売店ではこの猫の小さな縫いぐるみが、ルノアール展限定品として販売されるほどでした。もちろん、買いましたが・・・。
   この少女「ジュリー・マネ」の母親は、印象派の女性画家ベルト・モリゾで、父親はウジューヌ・マネ、印象派草分けの画家エドヴァール・マネの弟です。ベルト・モリゾはルノワールとも親交が深かったようで、ルノワールがこの作品を描いたときは、ジュリー・マネは9歳、大切な友人の娘の絵ということで気合が入っていたようです。のちにジュリー・マネは自らも画家になり、ドガの弟子と結婚しています。

  おとうさん大寒!「寒い、寒い!今日のおかずは、オムレツにゆで卵、おでんの煮卵、卵焼き?うちは卵屋か??」「あなた、大寒卵です!滋養豊富で、金運もあり!召し上がれ!」「大寒卵は大寒の日に生まれた卵・・・まあいいか、今日は俺が生まれた日でもある、ありがとう!かみさんよりも産んだ鶏に感謝!コッ、ケッコウ」

  「大寒の 大々とした 月よかな」 一茶の句です。情景としては寒いのですが、「大々(だいだい)とした月」に、暖かさが感じられます。「大寒」の別称に「寒がはり」があるそうですが、これは寒さが変化するということで、暖かい春へ向けて季節が動きはじめる頃という意味のようです。寒が明けるともう立春です。

  ではまた、次回の水彩画をお楽しみに・・・・・サム ヤマモト

ここで、個展開催のお知らせです。

サム ヤマモトの水彩画個展(第五回)「木々の光と影と命」
場所 相模原市民ギャラリー 第一展示室
    JR相模原駅ビル セレオ相模原4階
日時 2018年2月9日(金)~2月12日(月)
     10時~19時(初日11:00より、最終日16:00まで)
この一年間に本ブログに掲載した透明水彩画の原画50点余りを展示します。
原画の美しさをご覧ください。
入場は無料ですが、チャリティ募金を行っています。チャリティにご協力いただくと、お好きな絵のプリントやカレンダーを差し上げています。
皆様のご来場をお待ちしております。

サム ヤマモト
[2018.01.20(Sat) 15:36] 食べ物Trackback(0) | Comments(0)
↑TOPへ


 ← 水沢腹堅 | TOP | 水泉動

COMMENT

COMMENT POST















管理者にだけ表示

Trackback

この記事のURL:
http://samwatercolor.blog.fc2.com/tb.php/271-75cf37a4
 ← 水沢腹堅 | TOP | 水泉動

カウンター

カレンダー

プロフィール

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ

検索フォーム

リンク

QRコード