TOP > 正月と小寒
 ← 水泉動 | TOP | 麋角解

リストマーク 正月と小寒 

2018年01月07日 ()
  遅れましたが、明けましておめでとうございます。皆様良いお年をお迎えのことと思います。今年もよろしくお願いいたします。
三が日はとてもいいお天気で、穏やかなお正月でした。1月5日は二十四節気の23番目の「小寒」にあたり、この日から立春の前日までを「寒中」といい、暦の上では寒さが一番厳しい時期となります。暦便覧には、「冬至より一陽起こる故に陰気に逆らふ故、益々冷える也」と記されています。

  今年最初の水彩画は、おめでたく「花咲か爺の森」です。枯れ木ばかりの「木もれびの森」に冬の柔らかな陽が差し込むと、枯れ枝に残った枯れ葉がキラキラと輝き、まるで、花咲か爺が枯れ木に花を咲かせたように、森が黄金色に染まります。
18-01-06.jpg

  「寒の入り」から、四日目を「寒四郎」といい、この日が晴れると麦がよくできるといわれました。また九日目を「寒九」といい、寒九の雨は豊年の前兆といわれました。気候予測などなかった昔の人にとって、何かの前兆や言い伝えを通して、その年の農作物が豊かに実ることを願うことしか出来なかったのでしょう。
気象衛星やスパコンの活用で、気象現象の予測や予知ができるようになってきた現代でも、農作物の出来はお天道様次第、今年も野菜作りを頑張ろうとしている晴耕雨描の画家にとって、天候のゆくえはお天道様や神仏に祈るばかりです。

  おとうさん、寒の入り!「寒に入ったかぁ~寒いわけだ、」「あなた、寒い寒いといって炬燵に籠っていないで、たまには寒さに身をさらないと体に毒ですよ!」「寒くて風邪をひいてしまう!」「寒晒しや寒干しのように、この時期に寒さに晒すと味が出るといいます!あなたもそろそろ味を出したら!」「ひゃ~止めてくれ!おれは寒干し大根や寒干鮭じゃないんだから、干したり晒したりしても、もう味は出ない!」

  寒九の日に汲んだ水「寒九の水」は薬になるとされました。この時期に汲んだ水は、雑菌の繁殖が抑えられ、質がよく腐りにくいことから、水の質が味に影響する酒造りでは、寒の水を使った酒は味がよいと云われ、寒の時期は酒造りの最盛期となるようです。「寒九の水」を汲みに行く観光ツアーもあるそうです。

  「乾鮭も空也の痩も寒の中(からざけも くうやのやせも かんのうち)」とは芭蕉の句です。乾鮭は干されて痩せ細っている鮭、空也は空也僧のことで、寒中修業で痩せ細り、念仏を唱え歩き回る・・・、痩せには寒の寒さが身に染みるようです。

  では、今年も週一枚の水彩画を描いていきます、お楽しみに・・・サム ヤマモト
[2018.01.07(Sun) 12:02] 季節Trackback(0) | Comments(0)
↑TOPへ


 ← 水泉動 | TOP | 麋角解

COMMENT

COMMENT POST















管理者にだけ表示

Trackback

この記事のURL:
http://samwatercolor.blog.fc2.com/tb.php/269-debe730d
 ← 水泉動 | TOP | 麋角解

カウンター

カレンダー

プロフィール

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ

検索フォーム

リンク

QRコード