FC2ブログ
TOP > 麋角解
 ← 正月と小寒 | TOP | 冬至

リストマーク 麋角解 

2017年12月25日 ()
   いよいよ年の瀬。12月26日ごろから冬至の次侯「麋角解(さわしかつのおる/びかくげす)」となります。今年最後の七十二候で、意味は「麋が角を落とす」、という意味ですが、この「麋」(び/さわじか)は、辞書で調べると「大鹿のこと」とあります。

  今年最後の水彩画は、「木もれびの森の裸木の輝き」です。木枯らしに吹き散らかされて裸になった雑木林に冬の朝陽が差し込むと、小枝や残った枯れ葉が黄金色に輝きます。やがて訪れる春に芽生える命を守るように、わずかな陽の温もりを木々が抱え込みます。
17-12-25.jpg

  「麋」という動物は、鹿なのでしょうか。実は中国に生息していた「麋鹿」という動物らしいのです。日本名では「シフゾウ」といい、ニホンジカよりは大きく、角を落とすのも冬至のころです。シフゾウはシカのような角でシカでない、ウシのような蹄でウシでない、ウマのような顔でウマでない、ロバのような尾でロバでない、という不思議な特徴を持つことから「四不像」と呼ばれました。このシフゾウは、古くは中国で生息していましたが、19世紀末に絶滅。ところが、英国で繁殖に成功し、1980年代には野生に戻されるまでになりましたが、再び数が減少し、今は野生絶滅種となっています。

  おとうさん、年の瀬!「あなた、ゴロゴロしていないで、お掃除をしてくださいな!」「年の瀬ぐらいゆっくりと~」「いつもゴロゴロばかり、まるでシフゾウみたいですよ!」「シフゾウ?」「四不像といって、四つの動物に似ているけど、どれでもないという不思議な動物!あなたはさしずめ、熊のようで熊ではなく、牛のようで牛でもなく、豚のようで豚でもなく、人のようで人でもない、という絶滅危惧種!」「ぎゃっ!掃除っと!」

  「ともかくも あなたまかせの 年の暮」 小林一茶の俳句ですが、「あれこれと考えたところでどうにもならない、すべてを仏さまにお任せするよりほかにない年の暮であることよ」という意味です。

  今年も年の暮れとなりましたが、この一年、畑を耕す傍ら、週一枚のペースを何とか守り、水彩画を描き続けることが出来ました。これも、ブログの読者をはじめ、友人や家族の皆さんが支えてくれたお陰であります。改めて御礼申し上げます。来年早々には73歳となりますが、腰や肩、膝が痛いと愚痴りながら、晴耕雨描の暮らしは続けてまいります。来年もよろしくお願いいたします。
 迎える年が、皆様やご家族にとって良い年でありますよう、ご祈念申し上げます。

  また来年の水彩画をお楽しみに・・・・・サム ヤマモト
[2017.12.25(Mon) 16:39] 動物Trackback(0) | Comments(1)
↑TOPへ


COMMENT

by さくら
突然の訪問、失礼いたします。
私はこちら⇒b--n.net
でブログをやっているきみきといいます。
色々なブログをみて勉強させていただいています。
もしよろしかったら相互リンクをお願いできないでしょうか?
「やってもいいよ」という方はコメントを返してくだされば、
私もリンクさせていただきます。
よろしくお願いします^^

コメントを閉じる▲

 ← 正月と小寒 | TOP | 冬至

COMMENT

突然の訪問、失礼いたします。
私はこちら⇒b--n.net
でブログをやっているきみきといいます。
色々なブログをみて勉強させていただいています。
もしよろしかったら相互リンクをお願いできないでしょうか?
「やってもいいよ」という方はコメントを返してくだされば、
私もリンクさせていただきます。
よろしくお願いします^^
[ 2017.12.25(Mon) 16:53] URL | さくら #- | EDIT |

COMMENT POST















管理者にだけ表示

Trackback

この記事のURL:
http://samwatercolor.blog.fc2.com/tb.php/268-286b6698
 ← 正月と小寒 | TOP | 冬至

カウンター

カレンダー

プロフィール

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ

検索フォーム

リンク

QRコード