TOP > 熊蟄穴
 ← 冬至 | TOP | 大雪

リストマーク 熊蟄穴 

2017年12月14日 ()
  七十二候では、12月13日頃からは、大雪の次候「熊蟄穴(くま あなにこもる)」となります。日本にいる二種類の熊(ツキノワグマ、ヒグマ)は冬になると「冬篭り」します。中国の暦では、「虎始交(とらはじめてつるむ)」とあり、虎が交尾をはじめる時期とされていますが、虎のいない日本では、江戸初期に熊の冬篭りに換えられました。

  今日の水彩画は、「モミジの間で花開く四季桜」です。紅葉の林の中で淡く咲く四季桜、まるでモミジに淡雪が降り積もったように、可憐な小さな花が霞のように咲き、美しくも不思議な風景をつくりだしています。
17-12-14.jpg

  四季桜はマメザクラとエドヒガンの種間雑種と考えられており、この小原(豊田市)の四季桜は、藤本玄碩という医師が文政年間の始めに名古屋方面から苗を求めて、植えたのが親木となって、広まったものとされています。花は一重の白または淡紅色で、夏の間に膨らんだ花芽が秋から冬にかけて順次咲き、春に咲くほかの桜のように一度に満開になることはなく、花の数も少なく、控えめで可愛らしい桜です。

  ジャイアントパンダの赤ちゃん、シャンシャンが大変な人気ですが、クマに近い種類といわれるジャイアントパンダは、食べるものが笹や竹が主で、冬でも豊富に得られるために冬眠はしないそうです。
 最近、クマが人を襲う事件が増えています。これは、戦後すぐの植林で奥山が杉やヒノキ林に置き換わり、クマが食べる木の実が減っているところへ、里山の荒廃や開発でさらに食物が減ったために、クマが飢えて人里に下りてくるようになったといわれています。自然を相手の農林業から人が撤退して、町に移り住むようになるとともに、野生動物たちも町へと近づいてきているともいわれます。農林業の再活性化ということが、野生動物と人とのトラブルを減らす方策のひとつなのかもしれません。
  
  おとうさん、冬籠り?「あなた、お布団から抜け出して、畑の片づけをしてください!」「おいおい、今日は何の日か知っている?熊穴に籠る、といって熊が冬籠りを始める日だ!布団に籠って・・」「あら~、クマは籠る前に、働いて冬支度を整えてから穴に入ります!」「畑、叩けと叩かれて、クマ穴を追い出され~、寒い、ハックション!」

  「薪をわるいもうと一人冬籠」とは正岡子規の句です。病の子規を看病したのは母と妹の律でした。寒い外で妹が一人で薪割をしている。病床は暖かく冬籠そのもので、申し訳ないという思いと同時に、けなげな妹への情愛の念が滲み出た一句です。

  ではまた、次回の水彩画をお楽しみに・・・・・・サム ヤマモト
[2017.12.14(Thu) 15:51] 動物Trackback(0) | Comments(0)
↑TOPへ


 ← 冬至 | TOP | 大雪

COMMENT

COMMENT POST















管理者にだけ表示

Trackback

この記事のURL:
http://samwatercolor.blog.fc2.com/tb.php/266-6d1bcc7d
 ← 冬至 | TOP | 大雪

カウンター

カレンダー

プロフィール

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ

検索フォーム

リンク

QRコード