TOP > 大雪
 ← 熊蟄穴 | TOP | 朔風払葉

リストマーク 大雪 

2017年12月08日 ()
   12月7日は二十四節気の大雪(たいせつ)。寒さが強まり、山だけではなく、平地でも雪が降り積もるころです。今年は冬の訪れが早く、すでに、北日本を中心にこの時期としてはたくさんの雪が降り積もっています。暦便覧では「雪いよいよ降り重ねる折からなれば也」と記されています。

  今日の水彩画は、「石垣のある晩秋の川辺」です。前回に続いて、香嵐渓の紅葉です。晩秋の陽を浴びて、川辺の石垣が白く光り、石垣の上のモミジを輝かせます。ザワザワと流れる川の水が澱むと、木々が秋の装いを水面に映してみせます。
17-12-08.jpg

  七十二候では大雪の初候にあたり、「閉塞成冬(そら さむく ふゆとなる)」すなわち、天地の気が塞がって冬となることを意味します。本格的な冬を迎えて、鰤(ブリ)などの冬の魚が登場したり、南天の実が赤く色付いたりし、一方で熊などの動物は長い冬眠に入ります。
 雪を降らす代表的な気圧配置は、シベリアに高気圧、北海道東方海上やアリューシャン方面に低気圧がある西高東低の気圧配置です。シベリアの高気圧は地表面が冷やされてできたもので、この高気圧から低気圧に向かって北西の季節風が吹き込みます。季節風が強く吹くときは、日本海側は雪、太平洋側は晴れて乾燥することが多くなるのです。

  おとうさん、大雪!「もう大雪(たいせつ)だあ!今日は平野部でも雪が降るかも!」「あなた、畑の大根が凍らないように埋めてくださいな!」「おいおい、こんな日に畑仕事したら凍ってしまうよ!」「あなたはまだ凍りませんよ!それより大根が!」「大根のほうが大切(たいせつ)か?」「ですから大雪(たいせつ)ですから大根を・・」

  三好達治の「測量船」に「雪」という詞があります・・・・「太郎を眠らせ、太郎の屋根に雪降りつむ、次郎を眠らせ、次郎の屋根に雪降りつむ」・・・雪は深く、人は雪の下に埋もれて暮らしていて、その家に横たわって深く眠っています、物音をものみな吸い取って雪は なお降りつもっています。太郎と次郎を眠らせているのは お母さんではなく、静かに積もる雪なのです。
 
  「是がまあつひの栖か雪五尺」とは小林一茶の俳句です。長い間継母と争い、最後に自分の終いの住み家となった家が、雪に埋もれているのを見て詠んだ句です。雪五尺(およそ1.5m)は、一茶の郷里の奥信濃では当たり前の雪の量です。

  ではまた、次回の水彩画をお楽しみに・・・・・・サム ヤマモト
[2017.12.08(Fri) 16:00] 季節Trackback(0) | Comments(0)
↑TOPへ


 ← 熊蟄穴 | TOP | 朔風払葉

COMMENT

COMMENT POST















管理者にだけ表示

Trackback

この記事のURL:
http://samwatercolor.blog.fc2.com/tb.php/265-29ef470e
 ← 熊蟄穴 | TOP | 朔風払葉

カウンター

カレンダー

プロフィール

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ

検索フォーム

リンク

QRコード