FC2ブログ
TOP > 地始めて凍る
 ← 朔風払葉 | TOP | 立冬

リストマーク 地始めて凍る 

2017年11月16日 ()
  11月12日から、七十二候では地始凍(ちはじめてこおる)になります。大地が凍り始める頃という意味で、霜が降りたり、霜柱が立ったり、水たまりに氷が張ったりし始めます。「凍る」とは水が氷になることですが、日本人は古来よりもっと広い意味で使っていて、空気が凍る、月が凍る、鐘が凍る、田が凍る、夜が凍る、山が凍る、などと、なんでも凍らせてしまいました。聞いているだけで凍てついてしまいそうです。

   今日の水彩画は、「谷川を彩る秋」です。朝夕の冷え込みが厳しくなってきた里山に、紅葉が訪れました。谷間に溢れんばかりの秋の陽が差し、山の斜面を彩る紅葉を照らし出します。赤、黄、オレンジの彩りを映した谷川が、美しい秋を川面に浮かべ流れ下ります。
17-11-16.jpg

   晴耕雨読とは、「晴れた日は畑を耕し、雨の日は家で読書する」ことですが、私の場合は、雨の日には絵を描きますから、晴耕雨描となります。先日、漢字学者の阿辻哲次さんの連載記事(日経新聞、遊遊漢字学)を読んでいると、この「藝術」と「畑の耕作」という言葉に繋がりがあることが分かり、大変うれしくなりました。
 記事によると、もともと「藝」という漢字は、「草の苗を地面に植える」ことを意味することから、人の心の中に豊かに実り、大きな収穫を得させてくれるものが「藝」だったのです。「藝」の代表的なものは学問でしたが、近代中国に西洋の「art」という言葉が入り、その訳語に「藝」が使われ、「藝術」や「工藝」という言葉が生まれたそうです。
   
   おとうさん、大地が凍る!「寒いわけだ、地始めて凍る という季節だ!」「あなた、凍らないうちに里芋を掘り上げてくださいな!」「歳時記は凍るというけれど、まだまだ凍りやしない!」「でも、早くも冬将軍が到来と言っていましたよ!」「今週が一番寒く、12月になると暖かくなるようだから、もう少し暖かくなってから・・・」「・・・・・」

   天気予報では、今週末から月曜日にかけて、真冬並みの寒波に覆われるということで、土曜の雨の後、北風が強まって、急に寒くなるようです。東京の日曜の予想最高気温は12度と、ひと月先の寒さになるらしく、昼間でも、冬のコートが必要になりそうです。暖房器具や暖かい布団を準備するなど、寒さへの備えはお早めに。

  「わが家の一つ手拭氷りけり」 小林一茶の句です。風呂上がりの手ぬぐいが、瞬く間に凍り付いて棒のようになってしまう寒さは、子供の頃の北海道でしばしば経験しました。

  ではまた、次回の水彩画をお楽しみに・・・・・・サム ヤマモト
[2017.11.16(Thu) 21:11] 季節Trackback(0) | Comments(0)
↑TOPへ


 ← 朔風払葉 | TOP | 立冬

COMMENT

COMMENT POST















管理者にだけ表示

Trackback

この記事のURL:
http://samwatercolor.blog.fc2.com/tb.php/263-80023950
 ← 朔風払葉 | TOP | 立冬

カウンター

カレンダー

プロフィール

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ

検索フォーム

リンク

QRコード