TOP > 立冬
 ← 地始めて凍る | TOP | 楓蔦黄

リストマーク 立冬 

2017年11月07日 ()
  11月7日は二十四節気の「立冬」です。初めて冬の気配が現われてくる日で、「立」には新しい季節になるという意味があり、立春、立夏、立秋と並んで季節の大きな節目です。暦便覧では、「冬の気立ち始めて、いよいよ冷ゆれば也」と記されており、朝夕冷えみ、日中の陽射しも弱まって来て、冬が近いことを感じさせる頃です。この日から立春の前日までが冬となり、寒く厳しい冬始まりです。

  今日の水彩画は、「深山の紅葉」です。人里離れた山並みに紅葉の季節が訪れました。ダケカンバ、カツラ、ナナカマド、ケヤキなどが黄色や赤、オレンジに染まり、頂きから稜線に沿って山肌を流れ下ります。まさに山粧う(やまよそおう)です。
17-11-07.jpg
   
  我が家の畑で立冬の今頃とれる野菜には、白菜、大根、キャベツ、里芋、サツマイモなどがあります。中国には「立冬補冬、補嘴空」という言葉があり、「補」は食物で体調を補うことをいい、「立冬には旬の食材を温かくして食べ、栄養を摂り、体調を整える」ということで、冬を迎えるにあたって、昔の人は栄養を補給していたのでしょう。

  おとうさん、立冬!「寒いはずだ~立冬だ!こうなったら炬燵に入って熱燗で一杯だな・・・」「お炬燵なんて早い!だいたい、今から炬燵に入ったら冬ごもりの熊になります!」「江戸の昔から炬燵開きは 亥の月の亥の日と決まっている、ことしの暦では・・・と、11月8日、今日だ!炬燵は頭寒足熱という東洋医学にかない、暖房費の節約にも!」「あなたは、炬燵に入って頭が寒いといって、エアコンをつけるじゃありませんか!」「・・それは頭熱足熱という西洋医学の・・・」
   
   北の国から雪の便りが届き、都心では木枯らし一号が吹き荒れました。凩(こがらし)という字のように、木枯しは木を裸にする風です。紅葉という艶やかな装いを身に着けた木々も、やがて色褪せ、木枯しによって枯れ葉を落とし裸木になっていきます。いったい誰のためにあんなに美しく秋の装いをし、その後に、なぜ木枯しによっていとも簡単に葉を落とすのでしょうか・・・。すべては、春に蘇る新しい命のためなのです。枯れ木のようになった木々のなかでは、翌春に新芽を芽吹かせるための準備が始まっているのです。

  「こがらしや頬腫痛む人の顔」とは芭蕉の俳句です。木枯しが吹き、寒さの厳しい通りを、頬を腫らした風邪っ引きが歩いていく・・・・。お多福風邪でも流行っていたのでしょうか、寒い木枯らしが、いっそう寒く感じるような句です。

  ではまた、次回の水彩画をお楽しみに・・・・・・サム ヤマモト
[2017.11.07(Tue) 21:11] 自然風景Trackback(0) | Comments(0)
↑TOPへ


 ← 地始めて凍る | TOP | 楓蔦黄

COMMENT

COMMENT POST















管理者にだけ表示

Trackback

この記事のURL:
http://samwatercolor.blog.fc2.com/tb.php/262-3211d229
 ← 地始めて凍る | TOP | 楓蔦黄

カウンター

カレンダー

プロフィール

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ

検索フォーム

リンク

QRコード