TOP > 寒露
 ← 菊の花開く | TOP | 蟄虫坏戸

リストマーク 寒露 

2017年10月10日 ()
  10月8日頃から二十四節気の「寒露」となります。寒露とは、晩夏から初秋にかけて野草に宿る冷たい露のことです。暦便覧には「陰寒の気に合つて露結び凝らんとすれば也」と記されています。本格的な秋の始まりとなり、五穀の収穫もたけなわ、農作業が超多忙となります。大気の状態が安定し、空気が澄んだ秋晴れの日が多くなり、見上げてみると、秋の清々しさを感じる空に出会えるでしょう。

  今日の水彩画は、「太古の地球を語る岩壁」です。数億年前の岩石が30キロメートルの深さから隆起し、川の水で浸食されてできた岩壁です。赤色、緑色、白色と、岩石の成分の差で様々な色が浮かび、ひと足先に秋を彩るかのようです。澄んだ水面に映る荒々しい岩の表情には、数億年の地球の歴史が刻み込まれています。
17-10-10.jpg

  ツバメと入れ違いに雁が北から渡ってくる頃です。雁は日本で冬を過ごし、暖かい春になると北国へ帰っていきます。毎年、初めに訪れる雁を「初雁(はつかり)」と呼びます。七十二候では寒露の初候に「鴻雁来る(こうがんきたる)」とあります。10月の声を聞くころにやって来て湖畔に群れているのですが、カギ状やサオ状になって飛ぶことから「雁の列(つら)」「雁の棹(さお)」「雁行(がんこう)」、昼間に飛び、夜間は水上に降りてくる様子を「落雁(らくがん)」と、俳句の季語としても多く詠われます。

  おとうさん、収穫の秋!「秋だねえ!新米、新蕎麦が旨い時期だねえ!秋の新蕎麦が一番うまいのだ!」「あら、あなた!新蕎麦の多くは夏に出回るそうですよ!」「昔の冷蔵が出来ない時代、暑い夏には蕎麦は風味も失せ、つながりも悪くなるのだ!だから江戸っ子は秋の新蕎麦を首を長くして待っていたのさ!」「あらそうなのですか!うちにはありませんから、そこいらのお蕎麦屋さんで食べてくださいな!」「えっ!うぅ・・やはり、おまえのそばがいい・・」「よく聞こえませんが・・・」

  収穫前の作物に寒露がつき、畑が朝霧に包まれる様子もまた、秋ならではの美しさです。日本の味覚は、目でも楽しむと言いますが、風景としての味覚も味わえるのが日本の秋です。我が家の畑でも、里芋やゴボウ、生姜が収穫を待っていて、夏の終わりに植えた秋野菜がすくすくと育ち、美しい里山の風景を創り出しています。

  「けふからは日本の雁ぞ楽に寝よ」とは小林一茶の句です。北国から渡ってきた雁に、ご苦労様でした、次の春までゆっくり羽を休めてください・・・、という一茶の優しい心が伝わってきます。

  ではまた、次回の水彩画をお楽しみに・・・・・サム ヤマモト
[2017.10.10(Tue) 16:22] 季節Trackback(0) | Comments(0)
↑TOPへ


 ← 菊の花開く | TOP | 蟄虫坏戸

COMMENT

COMMENT POST















管理者にだけ表示

Trackback

この記事のURL:
http://samwatercolor.blog.fc2.com/tb.php/257-175239b9
 ← 菊の花開く | TOP | 蟄虫坏戸

カウンター

カレンダー

プロフィール

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ

検索フォーム

リンク

QRコード