FC2ブログ
TOP > 草露白
 ← 秋彼岸 | TOP | 白露

リストマーク 草露白 

2017年09月12日 ()
  七十二候における白露の初候は、 草露白(そうろしろし)とあり、草の露が白く光る時季としています。夜空の月も美しいので、白露は月の雫とも呼ばれるようです。9月11日は「二百二十日」で、台風がよく襲来する特異日とされ、稲穂も重くなり、果実も実り、農家が収穫にかかる頃ですから、台風の進路や予報が気になる季節です。

   今日の水彩画は、「陽の当たる散歩道」です。朝陽が初秋の木もれびの森に差し込み、柔らかくなった陽が散歩道を白く照らします。鮮やかな緑で照り輝いていた木々の葉も少しくすんだ緑になり、葉を透かす光が黄色みを帯びてきました。
17-09-11.jpg

   秋なのに白露という白色は、秋に思い浮かべる色と比べると違和感があります。この秋の白は、古代中国に端を発する五行説(ごぎょうせつ)という自然哲学の思想からきたものです。五行説では、万物は木・火・土・金・水の五種類の元素からなるとされ、季節と色もこの五元素に結びついているとされています。すなわち、「木:春・青」、「火:夏・朱(赤)」、「金:秋・白」、「水:冬・玄(黒)」、「土:土用・黄」、ということから、秋は白色になるのです。この季節と色をつなげて、青春や朱夏、白秋や玄冬といった言葉が生まれ、北原白秋などの多くの名前の由来にもなっています。

   おとうさん、秋色?「秋の色かぁ~秋色の風景画を思い浮かべるなあ、深い空の青、紅葉の赤や黄色、夕焼けの茜色、稲穂の黄色・・・」「そうねえ秋色といえば、サツマイモの赤、里芋の白、南瓜の黄色、柿の橙・・・」「食い物の色ばかりだな・・・」「秋色といえば、あなた~、秋色の着物が欲しいわ、ねえ~」「えっ!秋色の着物?うぅ~、白秋といって、もともと秋は白色だ、白のかたびらにしては・・・・」「きぃっ!あなた!縁起でもない!」「ちっ、ちがう!白は陽の光、希望の色だ!」

  九月の陰暦名には、「長月」「紅葉月」「菊咲月」など色々ありますが、なかでも「彩り月(いろどりづき)」は美しい名です。木々の葉が赤や黄色に色付くのを見て、昔の人が思わず名付けたものなのでしょう。

  「朝顔に つるべ取られて もらい水」この句の作者は、江戸時代を代表する女流俳人・加賀千代女(かがのちじょ)です。「朝早く、井戸へと水を汲みに出てみると、井戸の釣瓶に朝顔が蔦を巻き付かせ咲いていました。それを解くのは、なんだか忍びないので、近所の家へ水を貰いに行くことにしましたよ」という、よく知られた句ですが、女性らしい美しくも優しい情景が浮かぶ句です。

   ではまた、次回の水彩画をお楽しみに・・・・・・サム ヤマモト
[2017.09.12(Tue) 14:55] 色彩Trackback(0) | Comments(0)
↑TOPへ


 ← 秋彼岸 | TOP | 白露

COMMENT

COMMENT POST















管理者にだけ表示

Trackback

この記事のURL:
http://samwatercolor.blog.fc2.com/tb.php/254-d0a32fde
 ← 秋彼岸 | TOP | 白露

カウンター

カレンダー

プロフィール

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ

検索フォーム

リンク

QRコード