TOP > 処暑
 ← 天地始粛 | TOP | 寒蝉鳴

リストマーク 処暑 

2017年08月23日 ()
  8月23日は二十四節気の「処暑」にあたります。「処」には「とどまる」という意味があり、「処暑」とは暑さが和らぐという意味です。暦便覧には「陽気とどまりて、初めて退きやまむとすれば也」と記されています。萩の花が咲き、穀物が実り始め、朝夕は涼風が吹き始め秋の気配を感じられる頃なのですが、今年の天気は、いつもの年のようにはいかないようです。

  今日の水彩画は、「森の光の通り道」です。うっそうと草木が生い茂った夏の森に朝陽が昇ると、木々の隙間から光の筋が差し込んできます。光の通り道にあたった草木たちは、強い光におどろいて目を覚まします。
17-08-22.jpg

  処暑になり暑さが和らぐか? 今年の夏は一筋縄ではいかないようで、梅雨の間は雨が降らず、梅雨が明けて夏本番と思いきや、雨が続き涼しい日照不足の日々!これから秋というのに、晴れの日が続き猛暑となるようで、処暑になってようやく盛夏になります。

  おとうさん、天候不順!「まったくだ!梅雨時は雨が降らず水不足で水運びの毎日!梅雨が明ければ毎日が雨で日照不足!野菜が育たず、雑草ばかりがグングン伸びる!百姓泣かせの天気だ・・・」「あなた~!畑が草で覆われていますよ!草刈りしてくださいな!」「でも今日も雨だよ!」「あら、ゴルフは雨でもやるのでしょ!同じ草刈じゃないですか!」「うむ・・うまいたとえだが・・やる気がなくなるショット・・」

  そろそろサンマが出回る頃で、旬のサンマを塩焼きにして、大根おろしで食べる、いやあ、食欲の秋です。今頃の野菜で旨いものといえば、茄子ですかね。「秋茄子は嫁に食わすな」といわれるくらい美味しい秋茄子です。
 ところで、「秋茄子は嫁に・・・」という諺には、二通りの意味があるようで、ひとつは、姑の嫁いびり説、もうひとつは、茄子は体を冷やすので、食べさせないで嫁を大切にするという説。さらに、「秋なすび わささの粕につきまぜて よめにはくれじ 棚におくとも(酒粕につけた秋なすを棚に置いておくのはよいけれど、ねずみ(夜目・よめ)に食べられない様に)」という鎌倉時代の和歌が語源という説もあります。

  「めづらしや山を出羽の初茄子」とは芭蕉の句で、羽黒山に参篭して下界に降りてきてみると、初なすびのもてなし、なんとも有り難いことです・・。ご馳走に出てきた茄子は、江戸には無い長細いおいしい茄子だったのでしょう。

  ではまた、次回の水彩画をお楽しみに・・・・・サム ヤマモト
[2017.08.23(Wed) 10:49] 植物Trackback(0) | Comments(0)
↑TOPへ


 ← 天地始粛 | TOP | 寒蝉鳴

COMMENT

COMMENT POST















管理者にだけ表示

Trackback

この記事のURL:
http://samwatercolor.blog.fc2.com/tb.php/251-af3ac2f3
 ← 天地始粛 | TOP | 寒蝉鳴

カウンター

カレンダー

プロフィール

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ

検索フォーム

リンク

QRコード