FC2ブログ
TOP > 立秋
 ← 寒蝉鳴 | TOP | 桐始結花

リストマーク 立秋 

2017年08月04日 ()
  今年は8月7日が立秋です。二十四節気の13番目、猛暑が続く日々の中で、初めて秋の気配が現れてくる頃なのです。暦便覧では「初めて秋の気立つがゆゑなれば也」と記されていて、古今和歌集には、「秋来ぬと目にはさやかに見えねども 風の音にぞおどろかれぬる」と詠われています。この日から立冬の前日までが「秋」とされています。もう秋です、歳を取ると月日が経つのが早く感じられます・・・・。

  今日の水彩画は、「生い茂る夏の森」です。森に夏の朝陽が昇ると、生い茂る木々の葉が暑さを遮るように道をふさぎます。森の奥からは、涼しい風にのって目覚めた妖精たちが駆け出してくるようです。
17-08-04.jpg

  立秋から12日頃までは、七十二候の「涼風至(すずかぜいたる)」にあたります。涼風至とは、夏の暑い風から、秋の涼しい風に替わりはじめる頃という意味で、夕方頃に鳴く虫たちの音色も涼しさを演出してくれます。しかしながら、日中の陽射しは強いままで、油断は禁物、まだまだ熱中症には注意が必要です。

  日本の夏は気温と湿度が高く、暑さを和らげるための工夫が古くから行われてきました。その一つに「打ち水」があります。打ち水の始まりは、戦国から安土桃山時代の「茶の湯」にあるといわれます。江戸時代になると、打ち水は「武士町や四角四面に水を蒔く(小林一茶)」などと俳句に詠まれ、浮世絵にも描かれるようになり、涼を取る手段として一般的になったと考えられています。現代に入ると、扇風機やクーラーなどの普及とともに、打ち水は徐々に姿を消していきましたが、平成に入り、大都市の都市熱を下げる社会実験として打ち水が行われたのをきっかけに、各地で真夏のイベントとして「打ち水大作戦」が行われるようになりました。

  おとうさん、暑いです!「あなた~、猫と一緒に涼しいところでごろごろしていないで、庭に打ち水をしてくださいな!」「打ち水!少しは涼しくなるか~」「あなた!日向に水をまいても蒸し暑くなるだけです、日陰に!それに水道水じゃもったいない、風呂の残り湯か台所のすすぎ水を使って・・・」「はいはい、打ち水ひとつで、よくもまあ・・・たくさんの注文が付くものだ!これって水掛け論?まあ水入りかな・・」

  「ひやひやと壁をふまえて昼寝哉」とは芭蕉の俳句ですが、我が家のクロネコは、いくらかでも涼しい場所を探してはごろごろしています。ネコのみならず、壁に背や足をすりつけ、少しでも涼をとって昼寝をしたい暑さです。

  ではまた、次回の水彩画をお楽しみに・・・・・・サム ヤマモト
[2017.08.04(Fri) 17:11] 季節Trackback(0) | Comments(0)
↑TOPへ


 ← 寒蝉鳴 | TOP | 桐始結花

COMMENT

COMMENT POST















管理者にだけ表示

Trackback

この記事のURL:
http://samwatercolor.blog.fc2.com/tb.php/249-d96594f3
 ← 寒蝉鳴 | TOP | 桐始結花

カウンター

カレンダー

プロフィール

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ

検索フォーム

リンク

QRコード