TOP > 梅雨明けの暑さ
 ← 桐始結花 | TOP | 蓮始開

リストマーク 梅雨明けの暑さ 

2017年07月22日 ()
  首都圏では雨不足、九州では豪雨をもたらした今年のおかしな梅雨が明けました。明ける前から酷暑が続いていて、とにかく暑いです。7月23日は二十四節気の大暑を迎えますが、大暑とは最も暑い頃という意味です。暦便覧には「暑気いたりつまりたるゆえんなればなり」と記されていて、いよいよ本格的な夏の到来となります。

  暑いなかでの今日の水彩画は、少し涼しく「夏の朝の渚」です。夏の陽を浴びながら砂浜に打ち寄せる波が、小さく砕けて砂浜を洗います。太古の昔から波を打ち寄せ、命を育んできた海、波の音が数十億年の歳月を語り続けているようです。
17-07-22.jpg

  17日は海の日でした。海の日は1995年に制定され、祝日法には、「海の恩恵に感謝するとともに、海洋国日本の繁栄を願う」と少々難しく書かれています。およそ30億年まえの海に生命が誕生したといわれています。人間の血液の塩分濃度は0.9%ですが、太古の海で脊椎動物が誕生したころの海水の塩分濃度と同じといわれ、人間の祖先が海の生物であった証拠と考えられています。「我は海の子」なのです。

おとうさん、大暑!「暑い!暑い!ちょっと動いたらもう汗だく、夏の畑仕事はいやだなあ、やっぱり夏より冬がいいなあ・・・」「あら、あなた、冬の畑では、俺は冬が嫌いだ、暑い夏の畑で汗をかくほうがいい、って言っていませんでした?」「半年も前のことだ、覚えていない!忘れた!暑さのせいだ!」「物忘れや意識混濁?あなた、熱中症の症状かも?」「・・・うぅ~暑い、寒い冬がいい・・・」

  夏の土用が大暑の数日前から始まっています。夏の土用の食べ物といえば「土用の丑の日のうなぎ」が有名ですが、「大暑の日はてんぷらの日」というのはご存知でしたか?土用の丑の日、8月29日の焼肉の日と並んで、「大暑の天ぷらの日」は「夏バテ防止三大食べ物記念日」?とされているそうです。誰が決めたか不明ですが、恐らく決めたのは、天ぷら屋さんか焼肉屋さんに決まっています。「土用の丑の日はウナギ」と決めたのは平賀源内だというのは知っていますか?ウナギの旬は冬ですから、夏のウナギはまずくて売れない!そこでウナギ屋に入れ知恵したのが源内先生というわけなのです!いずれも栄養豊富、夏を乗り切るにはいいかもしれません。

  「暑き日を海にいれたり最上川」とは芭蕉の句です。最上川の沖合いを見ると、まさに真っ赤な太陽が沈もうとしている。そのさまは、一日の暑さをすべて海に流し込んでいるようだ・・・、豪快な句ですが、あまり涼しさは感じません。

  ではまた、次回の水彩画をお楽しみに・・・・・・サム ヤマモト
[2017.07.22(Sat) 07:37] 自然環境Trackback(0) | Comments(0)
↑TOPへ


 ← 桐始結花 | TOP | 蓮始開

COMMENT

COMMENT POST















管理者にだけ表示

Trackback

この記事のURL:
http://samwatercolor.blog.fc2.com/tb.php/247-896eaca2
 ← 桐始結花 | TOP | 蓮始開

カウンター

カレンダー

プロフィール

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ

検索フォーム

リンク

QRコード