TOP > 蓮始開
 ← 梅雨明けの暑さ | TOP | 小暑

リストマーク 蓮始開 

2017年07月14日 ()
  今ごろは、七十二候では小暑の次候として「蓮始開(はすはじめてひらく)」にあたります。「泥(でい)より出でて泥に染まらず」といわれ、美しい花が泥の中から伸び立ち花開く姿が、いにしえより崇高で清らさの象徴となってきた「蓮(はす)の花」、花中央の黄色い部分にたくさんの穴があいていて、蜂の巣に似ていることから、万葉の時代より「はちす」と呼ばれ、数多くの歌にも詠まれています。

  今日の水彩画は、「夏の陽の光と影」です。梅雨明け間近の森に差し込む朝陽は強烈です。ミズキの白い幹を輝かせて、木の葉の影を木肌に焼き付けます。陽の眩しさに草木が目を覚まします。
17-07-14.jpg

  蓮の花の命はわずか4日です。1日目は早朝より花弁が開き始めほんの少し開いたのち、つぼみの状態に戻り、2日目は、同じく早朝に咲きはじめ満開となり、香りを放ちながら最も美しい瞬間を迎えたのち、また半ば閉じてしまいます。3日目は、2日目と同じく最大に開きますが、受粉を終えためしべは黒っぽくなり、花の色は若干退化し、昼頃には閉じはじめます。そして4日目、3度目の全開を迎えたのち、はらはらと花弁が落ち、はかなくも散ってしまうのです。

  おとうさん、蓮の花!「うむ・・蓮花が開いたのだけど、いくといつも閉じているんだなあ~」「あなた~、蓮は朝早くにしか開きませんよ!昼頃には閉じてしまいます!」「じゃあ~夜遅くに行くか 蓮花っていう店に!花は夜開く~かあ~うっしっし・・・」「あなた~早朝ですって・・」「だから夜遅くから夜明けまで・・・」

  美しい花やレンコン(蓮根)で、古くから親しまれている蓮ですが、その茎から取れる蓮の糸で、織物が織られてきたことはあまり知られていません。古代インドでは、紀元前四世紀頃から繊維として使用されていたようです。奈良の當麻寺(たいまでら)に今もある当麻曼荼羅(まんだら)は、中将姫という女性が一夜にして蓮糸で織った奇跡の曼荼羅である(能の当麻の題材)という逸話があります。ミャンマーでは、今なお蓮の糸で織物が織られ、僧侶の法衣や袈裟として寺に奉納されているそうです。

  「仏印の古きもたへや蓮の花(ぶつちんの ふるきもたえや はすのはな)」とは蕪村の俳句です。古雅な風格のある酒がめに見事な蓮の花が生けられている、あの酒がめは、その昔仏印禅師が使っていたものとか、ここの住僧もまた詩酒の趣を解する人物と見える、という・・なかなか難しい句です。

  ではまた、次回の水彩画をお楽しみに・・・・・・サム ヤマモト
[2017.07.14(Fri) 17:08] 植物Trackback(0) | Comments(0)
↑TOPへ


 ← 梅雨明けの暑さ | TOP | 小暑

COMMENT

COMMENT POST















管理者にだけ表示

Trackback

この記事のURL:
http://samwatercolor.blog.fc2.com/tb.php/246-a6d475fc
 ← 梅雨明けの暑さ | TOP | 小暑

カウンター

カレンダー

プロフィール

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ

検索フォーム

リンク

QRコード