TOP > 菖蒲華
 ← 小暑 | TOP | 夏至

リストマーク 菖蒲華 

2017年06月29日 ()
   梅雨に灯る紫の花、6月27日〜7月1日頃は七十二候の「菖蒲華(あやめはなさく)」の時季です。菖蒲(あやめ)の花が咲くのは五月ごろ、よく似た「杜若」(かきつばた)がそのあとに続き、この時期咲き始めるのは「花菖蒲」のことなのでしょうか。
 アヤメ科の花を、切り花で楽しむ場合に、花が枯れた後に花びらだけを摘みとってそのまま活けておくと、再び花芽が出て、もう一輪咲くことがあるそうです。

   今日の水彩画は、「梅雨の晴れ間の森」です。梅雨の晴れ間の強い陽射しが、森の広場に射し込みます。真夏のような陽ざしが、草木の葉を射抜き、こがね色の葉達がキラキラと眩しく輝き、森の広場の舞台を照らし出します。
17-06-29.jpg

  雨が待ち遠しい農家は、あやめの花を見て、梅雨を知ったといわれます。あやめという和名は、花の外花被の基部に綾目をもつことから名付けられたという説があります。アヤメ、カキツバタ、ハナショウブはなかなか見分けがつきませんが、いずれも、「いずれ菖蒲(あやめ)か杜若(かきつばた)」といわれるように、美しい花です。

   おとうさん、雨です!「畑には恵みの雨だ、野菜が育つなあ・・・」「あなた、雑草もすくすくと伸びています!草むしりお願いします!」「晴耕雨読の生活だ、雨が降れば絵描き業だが・・」「あら!真夏のカンカン照りの中の草取りは辛い!雨でも今のうちに草取りをしておくと夏が楽ですよ!」「はいはい、それでは雨の中で草取り、おじいさんは畑の草刈りに、おばあさんは川で洗濯?」「雨の日の洗濯はなし!」「・・・・」

   雨の季節、梅雨入りから雨量の少ない今年でしたが、ようやく梅雨らしい雨が降り、畑の野菜がすくすくと元気に育っています。雑草も野菜に負けじと元気に成長し、草取りに膝や腰が痛い痛いと音を上げています。
 ジメジメ、ムシムシとした天気に気分が滅入りがちな梅雨ですが、この時期に咲く美しい花々には梅雨にしか味わえない風情があります。雨の中で咲き誇る花の姿には、他の季節とは違った美しさや味わいがあり、古来より人々はこれらの花々に心動かされ、俳句や詩歌、絵画の中で、美しい日本を表現してきました。

   「世の人の 見付(みつけ)ぬ花や 軒の栗」とは芭蕉の句です。栗の花も梅雨にかけて咲く花ですが、地味な花です。「栗の花はあまり目立たないが、栗の花を咲かせている家の主もまた、目立たなくとも、奥ゆかしい人だろうか」という意味です。花も人も、目立つものだけがすべてではないという、やさしい視線が感じられます。

  ではまた、次回の水彩画をお楽しみに・・・・・サム ヤマモト
[2017.06.29(Thu) 11:36] 植物Trackback(0) | Comments(0)
↑TOPへ


 ← 小暑 | TOP | 夏至

COMMENT

COMMENT POST















管理者にだけ表示

Trackback

この記事のURL:
http://samwatercolor.blog.fc2.com/tb.php/244-154e7edb
 ← 小暑 | TOP | 夏至

カウンター

カレンダー

プロフィール

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ

検索フォーム

リンク

QRコード