TOP > 夏至
 ← 菖蒲華 | TOP | 腐草為蛍

リストマーク 夏至 

2017年06月22日 ()
  6月21日は二十四節気の夏至でした。夏至は、日の出と日の入りの方角が最も北寄りになり、昼が最も長く、夜が最も短くなる時季です。暦便覧には「陽熱至極しまた、日の長きのいたりなるを以てなり」と記されています。このため、夏至は別名、日永(ひなが)とも呼ばれ、東京で夏至と冬至の昼の時間の長さを比べると5時間もの差があるそうです。
   
  今日の水彩画は、「雨に濡れるヤマアジサイ」です。森の片隅でひっそりと花を付けたヤマアジサイ、梅雨の雨にけむる木々の中で、小さく白く清らかな飾り花が雨に濡れています。
17-06-22.jpg

  野や山に咲く野生のアジサイには、ヤマアジサイ、コアジサイ、ガクアジサイ、エゾアジサイなどがあります。なかでもヤマアジサイは、湿った林のなかや沢沿いなどに多く、タニアジサイとも呼ばれています。真っ白なヤマアジサイの飾り花は清々しく、蒸し暑い梅雨の雨の中で、清涼感を醸し出します。

  七十二候の二十八番目となる「乃東枯(なつかれくさかるる)」は、夏至の初候にあたります。乃東(ないとう)とは漢方薬に用いられる夏枯草(なつかれくさ)の古名で、その正体はウツボグサ(靫草)です。紫色のきれいな花が咲く田んぼの畦や草地でよく見掛ける草です。この草は、冬至の頃に芽を出して夏至の頃に、花穂が黒色化して枯れたように見えることから、夏枯草と呼ばれるようになりました。カサカサに茶色く枯れた花穂は利尿などの漢方薬に使われるようです。

  おとうさん、夏至です!「もう夏至か!昼が一番長い日だ、冬至と逆だ・・・。冬至は南瓜(かぼちゃ)を食べる日だが、夏至の食べ物は何?」「あなたは、食べものと呑むことだけで季節を感じる人ですねえ~」「冬至の食べ物があって、夏至にないのはおかしな話だ!」「そうですねえ~冬至に南瓜ときたら、夏至には冬瓜(とうがん)ではどうですか?」「いいねえ~冬瓜は夏が旬だ!ピリッと冷えた日本酒に合うねえ・・」「えっ、冷えたお酒?年寄りの冷や水になりますから、温いお茶で・・・」「・・・・・・」

  「涼しさを 我宿にして ねまるなり」とは松尾芭蕉の句です。この句は、山形に滞在したときのもので、歓待をうれしく思い、まるで我が家にいるようだと詠んでいるのです。「ねまる」は方言で、山形では「とまる」、秋田では「座る」、広島では「腐る」と地方によって異なった意味で使われているようです。

  ではまた、次回の水彩画をお楽しみに・・・・・サム ヤマモト
[2017.06.22(Thu) 13:58] 植物Trackback(0) | Comments(0)
↑TOPへ


 ← 菖蒲華 | TOP | 腐草為蛍

COMMENT

COMMENT POST















管理者にだけ表示

Trackback

この記事のURL:
http://samwatercolor.blog.fc2.com/tb.php/243-d32de7da
 ← 菖蒲華 | TOP | 腐草為蛍

カウンター

カレンダー

プロフィール

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ

検索フォーム

リンク

QRコード