TOP > 芒種
 ← 腐草為蛍 | TOP | 紅花栄

リストマーク 芒種 

2017年06月09日 ()
  6月5日は二十四節気の「芒種」にあたり、稲などの芒(のぎ)のある穀物の種をまく季節を意味しますが、実際の種まきはこれよりも早い時季に行なわれるようです。暦便覧にも「芒(のぎ)ある穀類、稼種する時なり」と記されています。
 梅雨が始まる頃ですが、今年の関東甲信越のつゆ入り宣言は、6月7日でした。宣言が出たら雨が降るかと期待しましたが、まとまった雨は降らず、野菜畑が値を上げています。今年の梅雨の雨量は平年並みということですが・・・。

  今日の水彩画は、「雨に濡れる紫陽花」で、梅雨の花といえば紫陽花です。陽当たりが苦手な紫陽花が、雨が降り出すと生き生きとしてきます。重なり合った葉達が雨の滴で重くなった花を支えます。
17-06-09.jpg

  梅雨には、あじさいがよく似合います。しっとりと濡れた姿も美しく、梅雨ならではの風情を感じます。「あじさい」の語源は、藍色が集まったものを意味する「集真藍(あづさあい/あづさい)」からきたという説が有力とされています。あじさいは古くから親しまれていて、「万葉集」にも詠まれています。あじさいが「紫陽花」になったのは、唐の白居易が別の花につけた「紫陽花」を、平安時代の学者が当て字をしたからだといわれています。

  おとうさん、梅雨入り!「梅雨入りだぁ、庭の紫陽花が色付いてきた~紫陽花に小さなカマキリが、今頃は蟷螂生(カマキリ生ず)で、カマキリの子供が出てくる頃だな~」「あなた、畑の草刈りお願い、草がすぐに伸びるんですから!」「カマキリといえば、オスはメスに食い殺される・・・」「あなた~、早く、早く、また雨が降り出しますよ!」「きゃぁ~、かみさんが鎌をふりあげて迫ってくる~たすけて~」

  七十二候では芒種の初候(6/5~6/9)は「蟷螂生ず」で、卵から小さなカマキリの赤ちゃんが生まれてくる頃としています。農作業の目安とされる七十二候にカマキリが登場するのは、カマキリは稲や野菜には手を付けずに、害虫を捕らえてくれる益虫だからなのかも知れません。

  「紫陽草や帷巾時の薄浅黄(あじさいや かたびらどきの うすあさぎ)」は芭蕉の句です。あじさいの花が咲いて、帷子を着る季節がやってきた、あじさいの色はその薄浅葱の帷子色をしている、と詠んでいますが、夏に近づくにつれ、帷子の色は濃い色から淡い色に変わるように、あじさいの色も変わっていく、という意味なのでしょう。

  ではまた、次回の水彩画をお楽しみに・・・・・サム ヤマモト
[2017.06.09(Fri) 17:45] 植物Trackback(0) | Comments(0)
↑TOPへ


 ← 腐草為蛍 | TOP | 紅花栄

COMMENT

COMMENT POST















管理者にだけ表示

Trackback

この記事のURL:
http://samwatercolor.blog.fc2.com/tb.php/241-9b6c63f2
 ← 腐草為蛍 | TOP | 紅花栄

カウンター

カレンダー

プロフィール

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ

検索フォーム

リンク

QRコード