TOP > 紅花栄
 ← 芒種 | TOP | 小満

リストマーク 紅花栄 

2017年05月25日 ()
   各地で30度を超える真夏日が続いたと思いきや、今日は一転して雨模様の肌寒い日となりました。暦では、七十二候の第二十三候「紅花栄(べにばなさかう)」と紅花が咲きほこる頃となりました。紅花の産地である山形では開花はもう少し先のようですが、アザミに似た可憐な紅の花々が、黄色から次第に赤みを帯びてきます。

  今日の水彩画は、「初夏の眩しすぎる陽ざし」です。夏を思わせる眩しい朝の陽差しが、森の草木を輝かせます。伸び盛りの草木たちは、少しでも陽を浴びようと枝葉を伸ばし、風にあたり枝を揺らせます。
17-05-25.jpg

  紅花が日本へ渡来したのは五世紀ごろといわれ、栽培法と染色法と共に伝わったとされます。「紅花」は、「藍」とともに代表的な日本の色として、古より歌に詠まれ、衣を艶やかな紅に染め上げてきました。
  「紅花」の花は黄と赤の色素を含んでいますが、黄色の色素は水に溶けやすく、水洗いで洗い流されてしまいます。その花に藁(わら)灰汁を加えて赤い色素を抽出したあと中和します。紅花の「紅色」の種類も、濃い赤の「艶紅」からごく淡い薄紅の「桜色」まで、実にさまざまで、日本人が美しい紅色に寄せてきた心が感じられます。

  日本の青といえば、藍ですが、先日、友人が「新しい青色が発見!」というニュースがネットに載っていた、と話してくれました。調べてみると・・・。
 大手クレヨンメーカーのクレヨラが、「新しい青」をクレヨンの新色として発売すると発表したのです。この新しい青色は2009年に、米オレゴン州立大の研究室で、酸化イットリウムと酸化インジウム、少量の酸化マンガンを加熱していた際、偶然発見されたもので、それぞれの元素記号を組み合わせ「YInMnブルー」と名付けられました。新しい青色の発見は、1802年のコバルトブルー以来200年ぶりのことだそうです。

  おとうさん、紅色?「いいねえ、いい色だね!藍といい紅花といい、日本の色、和色はいいねえ!」「そうねえ!外食なら和食がいいわよね~」「色の話だ!和の色だよ、藍とか紅花の赤とか・・・」「紅花って洋食でしょ!和食にしましょうよ!」「・・・爺婆でも耳が遠くなると噛み合わない会話が弾むものだ・・・・これも藍だなあ・・・」

  「眉掃きを俤(おもかげ)にして紅粉の花」 芭蕉が山形で紅花を見て詠んだ句で、紅花を見て眉掃き(化粧道具)を連想して、誰かを想い出したのでしょうか・・。紅花の艶紅は、化粧の紅として、日本画の顔料としても使われてきました。

  ではまた、次回の水彩画をお楽しみに・・・・・サム ヤマモト
[2017.05.25(Thu) 21:54] 植物Trackback(0) | Comments(0)
↑TOPへ


 ← 芒種 | TOP | 小満

COMMENT

COMMENT POST















管理者にだけ表示

Trackback

この記事のURL:
http://samwatercolor.blog.fc2.com/tb.php/240-11e69ba7
 ← 芒種 | TOP | 小満

カウンター

カレンダー

プロフィール

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ

検索フォーム

リンク

QRコード