TOP > 蚯蚓出
 ← 小満 | TOP | 夏は来ぬ

リストマーク 蚯蚓出 

2017年05月13日 ()
  今ごろは、七十二候では立夏の次候の「蚯蚓出(きゅういんいずる)」にあたり、蚯蚓つまりミミズが這い出して来る湿潤で暖かな季節になったということです。
 ミミズは土や落ち葉を食べ分解して、肥沃な土壌を作り出してくれます。我が家の畑の堆肥の中でも、たくさんのミミズが働いてくれています。ミミズという名前は、「目見ず(めみえず)」からきたようで、ミミズの目は退化してありませんが、光を感じることはできるようです。

  今日の水彩画は、「新緑に輝く流れ」です。木々が初夏の日差しに枝を伸ばし、若葉が陽を浴びて眩しく輝いています。水面に萌黄色を映す川は、命の輝きを溢れさせてキラキラ、ザワザワと流れます。
17-05-13.jpg

   いよいよ、新緑が美しい季節がやってきました。この柔らかで明るい若葉色に溢れる野山は、絵心が掻き立てられる風景のひとつです。新緑の草木を描くときに好きな絵の具に「サップグリーン」があります。サップグリーンはサップ(sap:樹液)の名が示すように、「クロウメモドキ」という植物の実から採取された緑色のことです(今使っている絵の具は化学合成顔料ですが)。草木染の世界では、一般には単独で緑色を染める染料はほとんどないといわれていて、日本では藍染の布を黄色の染料に浸けて、緑色に染めるようです。しかしながら、このクロウメモドキの実は珍しく緑色の染料原料になっているそうです。

   おとうさん、新緑!「若いみどりは美しいなあ!」「あらっ!あなた!何処のみどりさんですか?」「ちがう!色の話ですよ!色気じゃなく色!若緑色が美しいねぇ!日本の緑色の和名はいいねえ!萌黄色、若芽色、若草色、若苗色、若竹色なんていうのは、若く匂い立つような色だねえ~」「あら!若々しい乙女のような色・・・わたしに似合う緑色は何かしら?」「そうだなあ~老竹色という緑色が・・・」「キッ!あなた!そんな色がありますか!」「本当にある、本当だ!逃げろ、緑は安全の色だあ~」

  「出るやいな蚯蚓(みみず)は蟻に引かれけり」は、小林一茶の句です。土壌改良に役立つミミズにも敵が多いようで、ミミズが大好物のモグラ、土を掘り返すツバメやサギ、地面を歩き回るトカゲやハンミョウは大敵です。
 俳句に詠まれる「みみず」は夏の季語ですが、「みみず鳴く」は秋の季語になるそうです。ちなみに、ミミズは鳴きません。昔からあの「ジーィジーィ」というミミズの鳴き声といわれた声は、実はケラという虫の鳴き声だったようです。

 ではまた、次回の水彩画をお楽しみに・・・・・サム ヤマモト
[2017.05.13(Sat) 16:13] 動物Trackback(0) | Comments(0)
↑TOPへ


 ← 小満 | TOP | 夏は来ぬ

COMMENT

COMMENT POST















管理者にだけ表示

Trackback

この記事のURL:
http://samwatercolor.blog.fc2.com/tb.php/238-915d0283
 ← 小満 | TOP | 夏は来ぬ

カウンター

カレンダー

プロフィール

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ

検索フォーム

リンク

QRコード