TOP > 清浄明潔
 ← 鴻雁北 | TOP | 桜始めて開く

リストマーク 清浄明潔 

2017年04月07日 ()
  4月4日頃は二十四節気の「清明」にあたります。万物が若返り、清々しく明るく美しい季節です。清明とは、春先の清らかで生き生きとした様子を表した「清浄明潔」という言葉を略したものです。この頃は桜の花が満開となり、お花見に最適の時期ですが、菜種梅雨などと呼ばれる雨が多い時季で、暖かくなった後に小雨が降り続いて寒くなったりもします。南の地方ではつばめが渡って来る頃で、七十二候の清明の初候には「玄鳥至(つばめ いたる)」とあります。

  今日の水彩画は、「満開のソメイヨシノ」です。満開の時期を見計らって、4日に新宿御苑と千鳥ヶ淵を回って花見をしてきました。混み合う花見客にもまれながら、下から桜を見上げると、薄桃色の雲の中に桜の花が春の陽に輝きます。まさに桜花爛漫(おうからんまん)の春です。
17-04-07.jpg

  900年程前の中国北宋末期に描かれた「清明上河図」には、春たけなわの清明の時節、庶民の生き生きとした暮らしぶりが描かれています。中国の至宝「清明上河図」が日本で(中国国外に持ち出されたのはこれが初めて)公開されたのは2012年のことでした。この画巻の価値は、精細な描写にあり、長さ5メートル、縦24センチの画面の中に登場する人物700人以上、牛、馬、ロバなどの動物73頭、馬車など20数輌、船25艘、多数の建物、橋、城門などが実に細かく描かれており、歴史研究と芸術の面で多大な価値があると言われ、いまでも研究が続けられています。

  おとうさん、花見で二日酔い?「お~い!花見酒だ!」「あなた二日酔いじゃありませんか?」「芭蕉の句に 二日酔ひものかは花のあるあひだ とある!桜はすぐに散るから二日酔いなぞ気にしていられない~うぃっ!」「それでは空き瓶に花を活けて・・どうぞ!」「・・・・?」「芭蕉の句に、呑み明けて花生にせん二升樽 とあります。空き瓶に花をいけたら、呑み干してしまいお酒がありません!ということですよ」

  「花の雲 鐘は上野か 浅草か」とは芭蕉の俳句で、はるかに見渡せば、雲と見まがうほどの桜の花の盛りで、隅田川を渡って聞こえて来る鐘の音は、上野の寛永寺か、それとも浅草の浅草寺であろうか・・・。
 「花の雲」とは、桜の花が一面に満開になるさまを、雲に見立てていう言葉で、春の季語になっているようです。江戸深川にある芭蕉庵で詠んだ句のようで、芭蕉庵からは上野も浅草もほぼ同じ距離にあり、ふと耳に入った時の鐘はどちらの寺の鐘かなあ~と、まさに春うらら、居眠りをしたくなるような雰囲気です。
   
  ではまた、次回の水彩画をお楽しみに・・・・・サム ヤマモト
[2017.04.07(Fri) 21:55] 自然風景Trackback(0) | Comments(0)
↑TOPへ


 ← 鴻雁北 | TOP | 桜始めて開く

COMMENT

COMMENT POST















管理者にだけ表示

Trackback

この記事のURL:
http://samwatercolor.blog.fc2.com/tb.php/233-7e83962c
 ← 鴻雁北 | TOP | 桜始めて開く

カウンター

カレンダー

プロフィール

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ

検索フォーム

リンク

QRコード