TOP > 桜始めて開く
 ← 清浄明潔 | TOP | 春彼岸

リストマーク 桜始めて開く 

2017年03月29日 ()
  春の主役の桜の花が咲き始めましたが、冬のような日があったりしてなかなか満開になりません。26日ごろからは七十二候でも「桜始開(さくらはじめてひらく)」とあり、古より日本人が愛する桜が咲く時季となりました。毎年花を待ち望む、思い出の深い桜がある人も多いことと思います。故郷の桜は咲いただろうか、あの学び舎で見た桜は今年も咲くのだろうか、それぞれの思い出とともに桜開く春がやってきました。

  今日の水彩画は、「ひと足先に満開となった緋桜」です。ご近所に毎年咲く緋桜の大きな木があります。見事に紅の花を付けた桜が、あふれんばかりの春の朝陽に花を開かせ枝を伸ばします。
17-03-28.jpg

  そんな花の春、花の女神「フローラ」に逢いに東京都美術館に行ってきました。「ティツィアーノとヴェネツィア派展」にて展示されているティツィアーノの傑作「フローラ」は、ミニバラ、スミレ、ジャスミンなど春の花を手に、金髪に縁どられた優美な顔を傾け、白い下着をつけた透き通る肌も露に、見る人の心を奪い魅了する女神でした。

  美しい女神や桜の花もいいけど、やはり「花より団子」ですかね。団子といえば桜餅があります。その桜餅に関東風と関西風があることを初めて知りました。関東風は小麦粉を焼いた皮で餡(あん)を巻いたお餅を桜の葉で包んでいます。江戸の長命寺の門番が桜の落葉を使って作ったことから、「長命寺餅」と呼ばれているそうです。
 関西風はというと、道明寺粉(粗挽きのもち米粉)の皮で餡を包んだ饅頭のお餅を桜の葉で巻いた「道明寺餅」と呼ばれる餅のようです。桜餅の葉は塩漬け葉ですが、この桜の葉には「大島桜」が主に使われているそうです。この葉を餅と一緒に食べるか、食べないか、あなたはどちらですか。

  おとうさん、桜餅?「花もいいが桜餅もいいね~!お~い、この桜餅は道明寺か長命寺か?」「お寺じゃなくて、スーパーの特売ですよ!」「・・・・・?まあいいや、桜餅はやはり桜の葉ごと食べるのが通だな!」「あら、あなた・・桜の葉も食べちゃったんですか?」「あたりまえだろ!おかあさんは食べない派なのか?」「いえ・・・この桜の葉はビニールに葉を印刷したものなんですよ・・」「・・・・ぐえぇ!」

  「木のもとに汁も膾も桜かな」とは芭蕉の句で、木の下で花見をしていると、花びらが散ってきて、汁椀といわず膾(なます)といわず花びらで一杯になってしまう、なんと豊かな花の一日であろうか・・・、いい花見ですねぇ・・・・。

  ではまた、次回の水彩画をお楽しみに・・・・・・サム ヤマモト
[2017.03.29(Wed) 12:20] 季節Trackback(0) | Comments(0)
↑TOPへ


 ← 清浄明潔 | TOP | 春彼岸

COMMENT

COMMENT POST















管理者にだけ表示

Trackback

この記事のURL:
http://samwatercolor.blog.fc2.com/tb.php/232-50d07604
 ← 清浄明潔 | TOP | 春彼岸

カウンター

カレンダー

プロフィール

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ

検索フォーム

リンク

QRコード