TOP > 菜虫化蝶
 ← 春彼岸 | TOP | 啓蟄

リストマーク 菜虫化蝶 

2017年03月17日 ()
  七十二候では、3月15日を過ぎると啓蟄の末候「菜虫化蝶(なむしちょうとなる)」となります。菜虫とはダイコン・カブ・ハクサイ・キャベツなどアブラナ科に属する菜類を食う幼虫の総称で、サナギで冬を越した虫たちが蝶になる頃なのです。暖かくなると、畑の上をヒラヒラと舞い踊る蝶たちは、野菜をもりもり食べる青虫の親、美しいだの可愛いだのとばかり言っていられません。

  今日の水彩画は、「彼岸桜」です。法事に訪れたお寺の彼岸桜が、ソメイヨシノより一足先に開花していました。華やかに咲き競う桜花の季節の訪れを前に、ひっそりとお彼岸を告げるように、老木の枝に花をつけていました。
17-03-16.jpg

  野菜を栽培する者にとって、天敵ともいえるモンシロチョウですが、気象庁では、モンシロチョウの初見日を記録しているそうです。空襲警報ですかね。一番早くモンシロチョウが観測されるのは九州地方で3月の始め、一番遅い観測となるのは北海道の網走地方で、5月の下旬ごろのようです。関東地方では3月の下旬ごろ、そろそろモンシロチョウが、植えたばかりのキャベツの苗を狙って飛んでくるころです。
 モンシロチョウは、青虫の大好きな葉の上に小さな卵を産みます。3~5日が過ぎると卵から幼虫が姿を現し、もりもりと葉を食べ始めます。9~11日間に渡って葉を食べ栄養を蓄えた青虫はサナギになり5~10日を経た後、モンシロチョウになるそうです。冬はサナギで越冬し、次の春に蝶になりますから、「菜虫化蝶」の蝶はサナギで冬を耐えた強者なのです。

  おとうさん、蝶々が!「春だねぇ~!菜虫化蝶の季節、いいねえ、色とりどりの美しい蝶が舞う~、夜だねぇ、蝶はやはり夜の蝶だねぇ~」「あなた、もう日が暮れるというのにフラフラと、どこにお出かけですか?」「美しい蝶はやはり夜でしょう・・ウシッシィ・・・、ウワァ!何を被せるのだ!」「あなた、防虫網ですよ!」「・・・・・」

  最近はあまり言わなくなったようですが、バーなどで働く女性を「夜の蝶」と呼ぶのは、川口松太郎の小説「夜の蝶」からきているようです。1957年に映画化されると、銀座の「夜の蝶」「ホステス」などの言葉が流行語となったそうです。

  「物好きや匂はぬ草にとまる蝶」とは芭蕉の句で、蝶があまたある草草の中で匂いも蜜も無いような草の葉に止まっている、なんと物好きな蝶だろう・・と俳諧などに興じている芭蕉自身を、少し冷めた目で見ているのでしょうか?

  ではまた、次回の水彩画をお楽しみに・・・・サム ヤマモト
[2017.03.17(Fri) 11:54] 動物Trackback(0) | Comments(0)
↑TOPへ


 ← 春彼岸 | TOP | 啓蟄

COMMENT

COMMENT POST















管理者にだけ表示

Trackback

この記事のURL:
http://samwatercolor.blog.fc2.com/tb.php/230-7218b5b3
 ← 春彼岸 | TOP | 啓蟄

カウンター

カレンダー

プロフィール

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ

検索フォーム

リンク

QRコード