TOP > 獺祭
 ← 草木萠動 | TOP | 魚上氷

リストマーク 獺祭 

2017年02月20日 ()
   2月18日からは二十四節気の雨水が始まりました。空から降るものが雪から雨に変わり、氷が溶けて水になる、という季節で、農耕の準備を始める目安とされてきました。先日も春一番が吹きましたが、本格的な春はまだ遠く、春のような気温になったり、大雪が降ったりと、三寒四温を繰り返しながら、春に向かっていきます。暦便覧には「陽気地上に発し、雪氷とけて雨水となればなり」と記されています。

   今日の水彩画は、「木もれびの森の河津桜」です。まだ暗い森を背景に、いきなり上ってきた朝陽に照らし出され、ライトを浴びた夜桜のように桜花を輝かせて、百花繚乱の春の始まりを告げています。
17-02-21.jpg

   七十二候では、雨水の初候に「土脉潤起(つちのしょう うるおい おこる)」とあり、徐々に気温の高い日も増え、暖かい雨が降り凍っていた土もゆるみ潤い始める頃、といった意味です。春の訪れを何によって感じるかは、風土によって違いがありますが、この土脉潤起は、中国から七十二候が渡って来た時に、日本の風土に合わせて内容が変えられた候のひとつです。もともとは、「獺魚祭(かわうそうおをまつる)」で、獲った魚を、人が祭壇にまつるように並べる習性を持つ獺(カワウソ)の様子を季節に表した候だったそうです。氷が解けた水辺で魚を獲り、嬉しそうに並べる獺(カワウソ)も春の訪れを喜んでいたのでしょう。

   おとうさん、雨水の候!「そう~雨水とか土脉潤起とかという春だなあ!土脉潤起は中国の暦では獺祭魚とされていて、日本酒の獺祭につながるのかなあ?お酒吞みたいなあ~」「あなた!またお酒の話ですか?カワウソだって魚を獲るのですから、そろそろ畑を耕してくださいな!」「はい!はい?カワウソだって?・・・カワウソは昔から美女に化けて男を騙すというが、うちのカミさんはカワウソの化身?でも美女かなあ~」「あなた、今夜の肴は川魚の干物にしますか?」「・・・やはり・・」
  辞書によると、獺祭のもう一つの意味は、「詩文を作るときに、多くの参考書をひろげちらかすこと」とあります。正岡子規はその居を獺祭書屋と号したそうです。

   「さまざまのこと思ひ出す櫻哉」とは芭蕉の句です。このとき芭蕉の脳裏には、唐の劉廷芝の詩が浮かんだのではともいわれます。「古人無復洛城東 今人還対落花風 年年歳歳花相似 歳歳年年人不同 (昔、洛陽城の花を楽しんだ人達は既に亡く、今私たちは花の散るのを見て嘆いている、毎年美しい花は同じように咲くが、この花を見る人は皆ちがう)」。桜の木には、それぞれの物語が秘められているようです。

   ではまた、次回の水彩画をお楽しみに・・・・・サム ヤマモト
[2017.02.20(Mon) 14:40] 動物Trackback(0) | Comments(0)
↑TOPへ


 ← 草木萠動 | TOP | 魚上氷

COMMENT

COMMENT POST















管理者にだけ表示

Trackback

この記事のURL:
http://samwatercolor.blog.fc2.com/tb.php/227-533d66d7
 ← 草木萠動 | TOP | 魚上氷

カウンター

カレンダー

プロフィール

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ

検索フォーム

リンク

QRコード