TOP > 魚上氷
 ← 獺祭 | TOP | 立春

リストマーク 魚上氷 

2017年02月16日 ()
  2月13日ごろからは、七十二候では立春末候の「魚上氷(うお こおりを のぼる)」にあたります。割れた氷の間から魚が飛び出るという意味ですが、中国古代の天文学に出てくる話だそうで、日本では温かくなった水の中に魚の姿が見え始める頃、としたほうが分かりやすいかもしれません。

  今日の水彩画は、「曙光に輝く木々」です。昇り始めた朝陽に森の木々の頂上が照らされ暁色に染まります。霜柱を踏みしめ寒さに身を屈め歩く散歩道から見上げると、朝陽に輝く木々が春の兆しと温もりを注いでくれます。
17-02-16.jpg

  魚上氷といえば、居酒屋で注文する肴に「氷下魚(こまい)」があります。コマイの干物を炙って醤油マヨネーズで食べると、酒の肴として絶品です。主に北海道の海で穫れる魚で、12月後半から2月下旬が旬、関東では干物で出回っているようです。
コマイはアイヌ語で「小さな音のでる魚」を意味し、漢字の「氷下魚」は氷を割って獲る(氷下待ち網漁)漁法から名付けられたようです。コマイはタラ科の魚で、体の血液には零度以下でも凍らない成分が含まれているそうです。

  立春の七十二候は、初候「東風解凍」、次候「黄鶯睍睆」、末候「魚上氷」とあり、春を告げる風、春を告げる鳥、そして春を告げる魚といいたいのですが、春を告げる魚はニシンです。それにしても、昔の人々は様々な自然の現象や生きものの様子から、春を感じ取ってきたようです。それだけ春が待ちどおしかったのでしょう。立春を過ぎて間もない頃は、日々の生活の中に、それを包む自然にも、まだまだ冬が居残っているものです。そんな状態を「春浅し」といいあらわすようです。

  おとうさん、春浅し!「寒いねえ!まだまだ炬燵から抜け出せない!」「あなた!もう炬燵をしまいますよ!暦では雨水が近づき、畑仕事が始まりますよ!」「雨水ねえ!陽気地上に発し、雪氷とけて雨水となればなり・・かあ、昔から農耕の準備をしたものだ!それにしても炬燵が恋しい・・あの温もりが恋しい・・ぎゃぁ~、炬燵がわりに猫抱きしめたら、引っかかれたあ~・・・・」

  「凍て解けて筆に汲み干す清水哉(いてとけて ふでにくみほす しみずかな)」 芭蕉の句ですが、ようやく春が来てとくとくの泉も氷が解けたが、その水量は少なくて筆に沁み取ったら無くなってしまうほどのものだ、とやっと氷が融け始めた浅い春を詠んでいます。

  ではまた、次回の水彩画をお楽しみに・・・・サム ヤマモト

  相模原の市民ギャラリーでの「サム ヤマモトの水彩画個展」が、お陰様をもちまして、盛況の内に無事終了いたしました。みなさん有難うございました。来年も同じ時期に同じ場所で個展を開催する予定ですので、楽しみにしていてください。今日からまた、来年の個展をめざして風景画を描いていきます。
[2017.02.16(Thu) 14:51] 季節Trackback(0) | Comments(0)
↑TOPへ


 ← 獺祭 | TOP | 立春

COMMENT

COMMENT POST















管理者にだけ表示

Trackback

この記事のURL:
http://samwatercolor.blog.fc2.com/tb.php/226-7fde8d71
 ← 獺祭 | TOP | 立春

カウンター

カレンダー

プロフィール

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ

検索フォーム

リンク

QRコード