TOP > 立春
 ← 魚上氷 | TOP | 水沢腹堅

リストマーク 立春 

2017年02月07日 ()
  2月4日は立春でした。旧暦ではこの日が1年の始めとされていたため、決まり事や季節の節目はこの日が起点になっています。八十八夜、二百十日、二百二十日も立春から数えます。暦便覧に「春の気立つを以って也」と記されているように、春の始まりで、この日から立夏の前日までが春となります。春とはいうものの一年でもっとも寒い時期なのですが、雪が降る中にも梅がほころび始めるなど、この日から寒さも和らぎ、日射しものびていきます。

  今日の水彩画は、「春の新雪」です。立春とはいえ、山や雪国ではまだまだ雪が積もります。先ほどまで吹雪いていた雪が止み、雪雲の間から陽がさし込むと、柔らかく積もった新雪が眩しく輝きます。春の気配を抱えた日差しが、青く凍てついていた木々の間にわずかな温もりを届け、柔らかな暖色の景色に変えていきます。
17-02-07.jpg

  立春の日は旧暦のお正月にあたります。その前日の夜、節分に豆まきをするのは、邪気を払い福を呼び込んだうえで、新しい春を迎えるためのようです。
 この新しい春を迎えていただく祝い酒に「立春朝搾り」というお酒があります。節分の日の夜から一晩中、もろみを搾り続けて立春の日の早朝に搾りあがったばかりの生原酒を、その日の夜に呑む、火入れをしない生原酒ですから、このうえなく新鮮で美味しいお酒が味わえるそうです。

  おとうさん!立春!「立春とはいえまだ寒いね、厄除けの立春大吉の札を貼って、これでよし!この文字は左右対称になっていて表から見ても、裏から見ても、立春大吉だ。だから家に入った鬼が、ふり返って、裏から立春大吉という文字を目にし、この家の入口はここかと勘違いをして出ていく、という有り難いお札だ!なに?ご利益がない?鬼が家の中にいるって?おっと、あれは家のかみさんだよ!」「あなた~、鬼がどうかしましたか?」「いいや!お前は家の神様だといったんだよ!ふう・・・」

  立春の七十二候の初候では、「東風解凍(はるかぜ こおりを とく)」とあり、春めいた風が厚い氷を解かし始める頃としています。東風は春風のことです。いまでは春風は南から吹いてくる暖かい風のことを指しますが、もともと中国の陰陽五行の思想では春は東を司るので、春風のことを東風と呼んだことからきています。
 「春めくややぶありて雪ありて雪」 一茶の句です。道を行くと藪があり、その根元には残雪が深く残っている、その先にまた藪がありまた雪が続く、けれども、何となく春めいて春はもう近いと感じられる、春を待ち望む雪国の人の気持ちが分かります。

  ではまた、次回の水彩画をお楽しみに・・・・・サム ヤマモト

  いよいよ今週金曜日からとなりましたが、相模原の市民ギャラリーにてサム ヤマモトの水彩画個展を開催いたします。駅のすぐそばの会場ですので、気軽にお越しください。

サム ヤマモト 水彩画個展(第四回)
「木々の光と影と命」
場所 相模原市民ギャラリー 第一展示室
    JR相模原駅ビル セレオ相模原4F
開催期日 2017年2月10日(金)~2月13日(月)
時間 10:00~19;00(初日11:00より、最終日16;00まで)
入場無料、図録等の販売あり
[2017.02.07(Tue) 13:28] 季節Trackback(0) | Comments(0)
↑TOPへ


 ← 魚上氷 | TOP | 水沢腹堅

COMMENT

COMMENT POST















管理者にだけ表示

Trackback

この記事のURL:
http://samwatercolor.blog.fc2.com/tb.php/225-9cc2ca94
 ← 魚上氷 | TOP | 水沢腹堅

カウンター

カレンダー

プロフィール

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ

検索フォーム

リンク

QRコード