TOP > 熊蟄穴
 ← 鱖魚群 | TOP | 閉塞成冬

リストマーク 熊蟄穴 

2016年12月15日 ()
  12月12日〜16日頃は七十二候の「熊蟄穴(くまあなにこもる)」にあたり、クマが冬眠に入る時季です。
 冬眠中のクマはカエルやリスのように深く眠るわけではなく、ウトウトしている状態、つまり「冬ごもり」なのです。3〜4時間おきに起きて、毛づくろいや寝返りする程度は身動きしているようです。メスのクマは冬ごもり中に出産します。母熊は1〜2頭の子熊を、飲まず食わずで、排尿排便もせずに、母乳で育てます。冬ごもり明けの母熊の体重は、4分の3くらいに減っているといわれます。

  今日の水彩画は、「柔らかな朝陽に目覚める初冬の森」です。昨夜の木枯しで多くの葉を吹き落とされてしまったクヌギの木ですが、まだたくさんの枯れ葉を残し、朝陽に輝きます。柔らかな初冬の陽は、枯れた草木の葉や裸になった枝を温め、春に芽生える命を育み始めます。
16-12-15.jpg

  近年、熊が里に出没し、人間に危害を加えるという報道が急激に増えています。本来は人間と熊の生活圏は離れていて、お互いに侵犯することは少なかったのですが、人間の居住地域が拡大したために、お互いの食料採取の領域が接近または重複することで、衝突事故が多発するようです。
 人間とクマの衝突事件が多く起こるのは、冬ごもり前の準備期間の秋が危険ですが、それ以上に危険なのは冬ごもり明けの春です。冬ごもり明けの熊は空腹なので気性が荒く、子連れのメス熊は攻撃的になり、最も危険な時期といわれています。

  おとうさん、十二月も中旬!「そうだなぁ~、暦では熊穴に籠るという時期だ!ううっ寒い!炬燵に入ってと」「あなた、炬燵から出て年末のお掃除でもしてくださいなっ!まるでクマの冬ごもりですよ!」「おれは熊と違って呑んだり食ったり、トイレにもいくぞ!」「お腹に脂肪をため込んで、炬燵に籠る生態はまるで熊!それに炬燵穴に子熊が二匹生まれてました!」「それは、炬燵で脱いだ靴下?・・・」

  「冬ごもり妻にも子にもかくれん坊」 と炬燵の中にもぐり込んで隠れて居たいのは蕪村も同じみたいです。
 暖かい穴に籠るとなかなか出られないのは、熊だけじゃなくて人間でも同じようで、炬燵とミカンとテレビがあれば何時間でも籠り続けられます。この冬籠り状態から脱出できずに、トイレも我慢して居続けていませんか?人間は「心地よい状態」から「不快の状態」に移動するのは、頭でわかっていても体が動かないようです。

 ではまた、次回の水彩画をお楽しみに・・・・・サム ヤマモト
[2016.12.15(Thu) 16:03] 動物Trackback(0) | Comments(0)
↑TOPへ


 ← 鱖魚群 | TOP | 閉塞成冬

COMMENT

COMMENT POST















管理者にだけ表示

Trackback

この記事のURL:
http://samwatercolor.blog.fc2.com/tb.php/218-6600e3f0
 ← 鱖魚群 | TOP | 閉塞成冬

カウンター

カレンダー

プロフィール

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ

検索フォーム

リンク

QRコード