TOP > 草露白し
 ← 鶺鴒鳴く | TOP | 天地始めて粛し

リストマーク 草露白し 

2016年09月07日 ()
  9月7日は二十四節気の「白露」にあたります。白露とは、仲秋のころには草の上に降りた朝露がきらきらと白く光って見える、という意味です。暦便覧には「陰気ようやく重なりて露にごりて白色となれば也」と記されています。また七十二候では白露の初候に「草露白(くさつゆしろし)」とあり、白露と同じように、草の上に降りた露が白く光る頃とされています。

  今日の水彩画は、「秋雨に荒れる渓流」です。激しい雨となった夜が明けると、嵐が過ぎ去った渓谷に陽が射し込みます。轟々という激しい流れが岩にあたり、白い飛沫が陽に光ります。雨風にさらされた木々の葉は少しだけ秋の色が増しました。
16-09-07.jpg

  「草の露白し」の「白し」ですが、もともと白は無色透明なことを言っていたようで、爽やかで清らかな意味と同時に「死と再生」の象徴でもあったようです。神前の神衣は白、古くは喪服も白、花嫁の衣装も白無垢、白色のなかに清浄さと透明性を感じるのは、今も昔も変わらない感覚のようです。
 透明水彩には白の絵の具はありません。白く光る光は無色透明、色を塗らない白紙の生地のままで表現します。自然界の白は陽のひかりの白色光です。可視光線のすべての波長の光(色)が均等に混じった光が白色光です。物に光が当たると特定の波長の光(色)が反射して色として見ることが出来、すべての色が乱反射するものは白色に見えます。光の当たらないところは黒くなります。
 絵の具(顔料)の色は自然界とは真逆の世界です。すべての色の顔料が混じると黒になります。光の白は色や影を描くことで浮かび上がります。自然界の色は光によってつくられますが、透明水彩では色や影が光を作り出すのです。透明水彩画がもつ清浄さと透明感は、無色の白からきているのかもしれません。

  おとうさん、秋!「はや仲秋、白露だ! 白露やいばらの刺にひとつづつ 蕪村の句だ!トゲの先の露を詠んだ句だな!」「あなた!俳句?畑が台風で荒れていますよ!畑でしょ!」「妻のいうひとつづつにトゲがある!」「あら?俳句できましたか!では、秋深し隣はなにもしない人 てのは?」「・・う~ん!畑に行くか・・」

  「白露も こぼさぬ萩の うねり哉」 萩の花に露があふれるようについて、風が吹いて大きくうねっても、萩は露を乗せたまま揺れている、とは芭蕉の句です。萩の字は「秋に草かんむり」なのでまさに秋の花ですが、早いものは夏前から咲き出しています。でもやはり、秋の今頃が見ごろのようです。

  ではまた、次回の水彩画をお楽しみに・・・・サム ヤマモト
[2016.09.07(Wed) 14:10] 未分類Trackback(0) | Comments(0)
↑TOPへ


 ← 鶺鴒鳴く | TOP | 天地始めて粛し

COMMENT

COMMENT POST















管理者にだけ表示

Trackback

この記事のURL:
http://samwatercolor.blog.fc2.com/tb.php/205-ce6a2b09
 ← 鶺鴒鳴く | TOP | 天地始めて粛し

カウンター

カレンダー

プロフィール

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ

検索フォーム

リンク

QRコード