TOP > 盈満(えいまん)
 ← 紅花 | TOP | 蛙始鳴

リストマーク 盈満(えいまん) 

2016年05月23日 ()
  五月二十日は、二十四節気の小満(しょうまん)です。万物の成長する気が次第に長じて天地に満ち始めることから小満といわれています。暦便覧には「万物盈満(えいまん)すれば草木枝葉繁る」と記されています。「盈満」とは、全てのものが満ちあふれること、という意味を持っています。

  今日の水彩画は、「草木が生い茂る初夏の森」です。草木が生い茂る初夏の森に、朝陽が射し込み葉や枝を照らします。草木がのびのびと枝葉を伸ばし、森の中に様々な命が満ち溢れ、陽の光に輝きます。
16-05-21.jpg

  「満ち溢れる」といえば、先日、東京都美術館に「若冲展」を見に行きましたが、この若冲の名前は、老子の言葉「大盈若冲 其用不窮」に由来しているようです。これは「大盈(たいえい)は冲(むな)しきが若(ごと)く、その用は窮(きわ)まらず」と読み、意味は「本当に満ちている物は空っぽに見えて、その働きは枯れる事が無い」というもので、尽きることがない若冲の才能を見て、売茶翁という禅僧が名付けたそうです。
  ところで「若冲展」ですが、素晴らしい!の一言でした。行列に4時間並んで見た甲斐がありました。若冲は動植物を細部にわたり観察し、微細な所まで手を抜かずに独自の画法で描き切っています。その徹底したこだわりと超人的な技に、すごい!という言葉しか出てきませんでした。

  おとうさん、若冲ですか?「4時間も並んで見てきたのだ!」「あなた、よく我慢できましたね~」「若冲が約十年の歳月を費やして描いた釈迦三尊像三幅と動植綵絵三十幅が一堂に会し、初めて公開されるのだ!生きているうちに見られるのは、これが最後の機会になるかも!と思って頑張った~」「へぇ~!すごい展覧会なのですね!人気が過熱するのも無理もないわね!それにしても、あなた4時間の行列に耐えて、よく生きて見られたわねえ~」「・・・・見に行きたかった、生きたかった?・・・・・」

  「行々てここに行々夏野かな」与謝蕪村の句です。広々とした夏野を旅人がひたむきに進んでいく、行き行き、歩みに歩んで、ようやくこここまで来たが、ここで旅が終わったわけではない、旅は果てしなく続く、という意味です。4時間の行列に並んで歩いているみたいです。
  与謝蕪村は、俳句と絵が響きあう俳画を得意としましたが、伊藤若冲とは同い年で、ともに300年前にあたる1716年生まれです。この二人の天才、ある時期、京都ではすぐ近くに住んでいたことがあったそうで、どこかで顔を合わせていたかも・・・。

  ではまた、次回の水彩画をお楽しみに・・・・・サム ヤマモト
[2016.05.23(Mon) 19:07] 自然風景Trackback(0) | Comments(0)
↑TOPへ


 ← 紅花 | TOP | 蛙始鳴

COMMENT

COMMENT POST















管理者にだけ表示

Trackback

この記事のURL:
http://samwatercolor.blog.fc2.com/tb.php/191-44b781c0
 ← 紅花 | TOP | 蛙始鳴

カウンター

カレンダー

プロフィール

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ

検索フォーム

リンク

QRコード