TOP > 啓蟄
 ← 桃始めて笑く | TOP | 霞始靆

リストマーク 啓蟄 

2016年03月09日 ()
    3月5日は二十四節気の3番目の啓蟄(けいちつ)です。大地が温まり冬籠りをしていた虫が穴から出てくるころなのです。暦便覧には「陽気地中にうごき、ちぢまる虫、穴をひらき出ればなり」と書かれています。柳の若芽が芽吹き、フキノトウの花が咲くころとなり、この啓蟄の七十二候の初候は、「蟄虫啓戸(ちっちゅう こを ひらく)」で、冬蘢りの虫が這い出てくるころとあります。

  今日の水彩画は、「早咲きの桜」です。他の桜に先駆けて河津桜が淡い紅色の花を咲さかせ、百花繚乱の春の始まりを告げます。控えめに下向きに咲いた花に春の陽が注ぎ、花びらが陽に透けて白く輝きます。
16-03-09.jpg

  早咲きの桜の原種といわれるのは寒緋桜(カンヒザクラ)です。他のサクラと交配し、早咲きであることや花が下向きに咲くこと、といった特徴を受け継ぎます。その代表格が河津桜で、ソメイヨシノより2ヵ月ほども早く咲くようです。

  おとうさん、春です!「あなた~、あらっ、まだ炬燵の中にもぐり込んでいるのですか!早く畑を耕してくださいな!もう啓蟄ですよ。虫でさえ穴から這い出てくる季節なのですから・・・」「三寒四温といってまだまだ寒い日があるの!」「もう早咲きの桜が満開ですって!」「なに?桜が満開!こうしちゃいられないっ!春だ!花見だ!花見酒だぁ!」「・・・・お酒につられて這い出るゲジゲジ虫か・・・」

  このころに鳴る雷を「虫出しの雷」と昔の人は呼んだそうです。雷が眠っている虫を起すと、畑の虫が多くなるということで、野菜畑での虫との闘いの日々が始まる号砲に、雷が聞こえます。キャベツ畑の天敵、モンシロチョウが蛹から羽化して蝶になる時期を示す「モンシロチョウ前線」は、「サクラ前線」に先がけて北上します。南九州では二月末に、関東では三月中旬に現れ、四月末から五月上旬には津軽海峡を越えるそうです。動物や虫が冬籠りから目覚めるのは、最低気温が5度を下回らなくなってから、平均気温が10度以上になってからといわれます。

  「啓蟄の蟻が早引く地虫かな」 高浜虚子の俳句です。早春に現われて真っ先に餌集めに精出すのはアリです。地虫とは地面や土の中にすむワラジムシやヤスデなどで、アリは啓蟄のころからこれらの虫を捕えて巣に運びます。呑まず食わずで冬を耐えてきた土の中の虫たちが、啓蟄の暖かさに誘われて地表に出てきたとたん、アリや鳥たちのエサになってしまうのは、ちょっと気の毒な気がしますが・・・。

  ではまた、次回の水彩画をお楽しみに・・・・・サム ヤマモト
[2016.03.09(Wed) 14:00] 季節Trackback(0) | Comments(0)
↑TOPへ


 ← 桃始めて笑く | TOP | 霞始靆

COMMENT

COMMENT POST















管理者にだけ表示

Trackback

この記事のURL:
http://samwatercolor.blog.fc2.com/tb.php/181-13dd3854
 ← 桃始めて笑く | TOP | 霞始靆

カウンター

カレンダー

プロフィール

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ

検索フォーム

リンク

QRコード