TOP > お盆
 ← 綿柎開(めんぷ ひらく) | TOP | 立秋と残暑

リストマーク お盆 

2015年08月15日 ()
  8月15日はお盆(月遅れの盆)です。東京や横浜などの関東や東北の一部は7月にお盆を行いますが、約7割の地方が8月13日から16日をお盆としているようです。お盆は祖先を供養する仏教行事ですが、日本では仏教伝来の以前から古神道において、初春と初秋の満月の日に、戻ってくる先祖をおもてなしをする先祖供養が行われていました。後に、初春はお正月に、初秋はお盆に変化したと言われています。

  今日の水彩画は、「朝もやの尾根を下る夏の朝陽」です。尾根の頂にようやく顔を覗かせた朝陽が、朝もやに包まれた山の斜面を下ります。昨夜の夕立の名残りが残った木々を照らし、厳しい暑さの一日になると告げながら陽が昇っていきます。
15-08-14.jpg

   「お盆」の言葉の起源は、盂蘭盆会(うらぼんえ)にあるといわれています。盂蘭盆(うらぼん)とはサンスクリット語で「逆さ吊り」という意味で、地獄の苦しみに遭っている人を救うための法要を行うことを盂蘭盆会といい、この盂蘭盆会と先祖供養が結びついて「お盆」になったといわれています。
  「お盆」は、年に一度亡くなった人の霊が帰ってくる期間とされ、迎え火でお迎えし、帰ってきた霊の供養をします。やがてお盆が過ぎると送り火でお送りします。お供えに飾るキュウリの馬は、馬に乗って早く来てくださいという気持ちを、ナスの牛は牛に乗ってゆっくりお帰り下さいという気持ちを表わしているとされます。

  おとうさん、暑いですね!「こう暑くちゃ、クーラー付けっぱなしで部屋に・・!」「あなた!もったいない!クーラー切りますよ!」「おいおい熱中症になっちゃうよ!」「こういう時は、幽霊や怪談話でも聞いてゾーッとして寒くなってくださいな!」「幽霊かぁ~そうだ!熱中症でくたばったら化けて出るぞ~!」「どうぞ・・幽霊でも何でもいいですから、お待ちしています!ただし、幽霊でもお足(お金)はお忘れなく持ってきてくださいな!」「ゾーッ!なんと冷たいことを、恐ろしやぁ・・・でも冷えてきたぁ~・・・」

  8月15日は「終戦の日」でもあります。70年前に終戦を迎えた大戦で亡くなった人は、軍人・軍属が約230万人、一般市民が80万人といわれています。愚かな国家戦略と無意味な戦いの中で、無残にも命を落とした人たちの無念さが、心の中に浸み込んでくる8月の日々です。 
 「盆の月参る墓さへなかりけり」一茶の句です。戦闘で亡くなっていった人たちの多くは、ジャングルの中や洞窟の中などで、いまだに遺骨さえも見つけてもらえずに埋もれたままで、「お盆」に帰るところもなく寂しい思いをしているのかもしれません。

  ではまた、次回の水彩画をお楽しみに・・・・・サム ヤマモト
[2015.08.15(Sat) 17:39] 季節Trackback(0) | Comments(0)
↑TOPへ


 ← 綿柎開(めんぷ ひらく) | TOP | 立秋と残暑

COMMENT

COMMENT POST















管理者にだけ表示

Trackback

この記事のURL:
http://samwatercolor.blog.fc2.com/tb.php/154-4ebabfc9
 ← 綿柎開(めんぷ ひらく) | TOP | 立秋と残暑

カウンター

カレンダー

プロフィール

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ

検索フォーム

リンク

QRコード