TOP > 彼岸桜
 ← 桜花爛漫 | TOP | 春の光と色

リストマーク 彼岸桜 

2015年03月21日 ()
  春分の日です。春分は昼と夜が同じ長さになる日で、歴便覧には「日天の中を行て昼夜等分の時なり」と記されています。古来、人々は春をもたらす自然に感謝する日と感じていたようです。それは、冬の間眠っていた動物たちが目覚め動き始め、人々の営みも春の種まきなどで活気に満ち溢れる時です。
 春分はお彼岸の中日でもあります。真西に沈む太陽は極楽の東門に入ると伝えられ、この陽を拝むと浄上の東門を拝むことになり、極楽浄土が最も近くなる日が彼岸の中日と考えられているのです。

  今日の水彩画は、「春の朝陽に輝くヒガンザクラ」です。森の向こうに昇ってきた朝陽が満開のヒガンザクラを照らし出します。まだ冷たい朝の暗がりの中でうつむいていた桜花が、春の陽射しに温められて顔をあげ、春を謳うように花を揺らします。
15-03-20.jpg

  仏教では、生死の苦しみに迷う現世を此岸(しがん)といい東にあり、悟った捏磐(ねはん)の境地を彼岸(ひがん)といい真西にあるとされています。陽が真東から昇って真西に沈む春分は、彼岸と此岸がもっとも通じやすくなり、彼岸の中日に故人の霊を供養すると、迷わず極楽浄土に成仏できるといわれています。このことから、お彼岸の中日には、牡丹餅、草餅、ちらし寿司などを作ってお墓参りをするのです。

  おとうさん、お彼岸ですね!「お彼岸と言えば、牡丹餅!これにお酒が1本付いてくるかな?」「何をいっているのです!棚から牡丹餅とはいきませんよ!」「どれ、味見だ!うっ、塩がきつい。塩は隠し味だろ!」「あら塩が過ぎましたか?辛党のあなた向けね!」「まったく、“牡丹餅の塩の過ぎたのと女の口の過ぎたのは取り返しがつかない”ってのは本当だな!」「なんですって!」「あっ、なんでもない!“牡丹餅は米 辛抱は金”だよね、我慢だ、辛抱だ!牡丹餅も女房も甘くない此岸(しがん)かな・・・」

  牡丹餅は季節によって名前が変わります。春は牡丹の花で牡丹餅、秋には花が萩になり オハギになります。では夏の牡丹餅は、普通の餅のようにぺったんぺったんと音を立ててつかないから、いつ着(つ)いたかわからないので「夜船(よふね)」と名がつき、冬の牡丹餅は、これもつき知らずが月知らずとなり、月が見えない「北窓(きたまど)」と呼ばれました。 仏教の浄土三味経には、「立春春分、立夏夏至、立秋秋分、立冬冬至に善行を修すべし」との思想があり、これが春分、秋分のお彼岸に結びついたといわれます。春分や秋分ばかりではなく、夏至や冬至にも仏事が行われ、牡丹餅をつくりお供えにしたのかも知れません。

  ではまた、次回の水彩画をおたのしみに・・・・サム ヤマモト
[2015.03.21(Sat) 16:15] 季節Trackback(0) | Comments(0)
↑TOPへ


 ← 桜花爛漫 | TOP | 春の光と色

COMMENT

COMMENT POST















管理者にだけ表示

Trackback

この記事のURL:
http://samwatercolor.blog.fc2.com/tb.php/135-d30cd2d6
 ← 桜花爛漫 | TOP | 春の光と色

カウンター

カレンダー

プロフィール

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ

検索フォーム

リンク

QRコード