TOP > 水泉動
 ← 寒の水 | TOP | 新春

リストマーク 水泉動 

2015年01月14日 ()
  正月の松が取れたと思ったら、早くも1月15日です。七十二候では小寒の次候「水泉動(しみずあたたかをふくむ)」にあたり、地中で凍った泉が動き始めるという意味で、寒い中でも春の兆しが感じられる季節です。
  15日は小正月であり「成人の日」でした。戦後間もない厳しい状況の中で若者たちを激励しようと、埼玉県蕨町が「成年式」を企画し、これが「成人の日」の始まりとなったそうです。今ではハピーマンデーとかで、多くの祝日が古くからの風習や由来とは関係のない日になってしまいました。

  新春2作目の水彩画は、「冬の森の夜明け」です。明け方に降りた霜に覆われた森の草木の葉っぱが、ようやく昇ってきた朝陽に凍えた手をかざします。森の木々を赤く染めながら昇る陽が次第に森の奥に入り込み、霜を融かし草木を温めはじめると、冬の寒さに耐え春を待つ森が希望に満ちて輝きます。
15-01-14.jpg

  成人の儀式は古くからあり、男子は髪を結い烏帽子をつけ、女子は裳着(もぎ)を付け、髪を結い上げ、歯を黒く染める鉄漿(お歯黒)付けをしました。成人を祝う風習は庶民の間でも行われていました。現在のように年齢基準ではなく、大人並みの労働や仕事が出来るようになると一人前の男として認めるといったものでした。
 15日の小正月は、松の内に忙しく働いた主婦をねぎらう意味で「女正月」とも呼ばれています。また、小正月は農家の人々にとってはその年の豊作を願う大切な行事でもあり、餅花などを飾り「花正月」ともいわれました。

  おとうさん、お酒が呑みたそうですね!「お~い、今日はめでたい小正月、成人の祝いでもあるから、熱燗でキューといきたいねえ!」「なにをおっしゃる執事(ヒツジ)さん!今日は“女正月“といって、主婦を労う日ですよ。あなたより私が呑みますから、一本つけてくださいな!」「メエー、今年の干支の執事でございます。はいはい、ご苦労様です歳の神さん!熱燗ね。おっと熱いっ夫の小姓月かな~・・・・」

  小正月の朝は小豆粥(あずきがゆ)を食べて、一年の無病息災を祈る風習が残っています。小豆のように赤い色の食べものは邪気を払うと考えられていて、祝い事の赤飯などにも使われています。小豆(アズキ)は古代から栽培されていて、6千年前の遺跡からも見つかっているそうです。アズキは「小豆」と書きますが読みはショウズですから、アズキは大和言葉だと考えられています。漢方ではアズキを赤小豆(せきしょうず)と呼び解毒や利尿作用があり、美容や二日酔いに効果があるようです。

  ではまた、次回の水彩画をお楽しみに・・・・・サム ヤマモト
[2015.01.14(Wed) 20:31] 季節Trackback(0) | Comments(0)
↑TOPへ


 ← 寒の水 | TOP | 新春

COMMENT

COMMENT POST















管理者にだけ表示

Trackback

この記事のURL:
http://samwatercolor.blog.fc2.com/tb.php/126-23deaae9
 ← 寒の水 | TOP | 新春

カウンター

カレンダー

プロフィール

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ

検索フォーム

リンク

QRコード