TOP > 熊蟄穴
 ← 落ち葉 | TOP | 霜月の終わり

リストマーク 熊蟄穴 

2014年12月11日 ()
  個展の準備や開催、後片付けなどでブログの更新がすっかり遅くなりました。
 二十四節気の大雪のこの時期は、七十二候の六十二候「熊蟄穴(熊穴にこもる)」(12月12日~16日)にあたります。熊が冬眠のために穴に籠る時期です。生きものは機能を低下させて代謝を減らし、冬眠して寒い冬を乗り切る術を身につけました。

  次の個展に向けて、また水彩画を描き始めます。今日の水彩画は、「晩秋の陽に輝く渓谷」です。夏場にはたくさんの子供達や釣り人でにぎわった渓谷も、今は訪れる人もなく静に晩秋を迎えています。誰もいない谷間で木々は美しく紅葉し、秋の柔らかな陽射しに、散る前の命を燃やすように輝きます。谷川は小さな段差を流れ落ち、大岩の影に淀みをつくり、黄色や赤の葉の色を水面に映します。
14-12-11.jpg

  熊の「冬眠」は小さな物音やにおいなどですぐに目が覚める浅い眠りらしく、冬眠ではなく「冬ごもり」なのでしょう。冬眠する動物は、秋になるとたくさん食べて体に脂肪をため込みます。この脂肪を燃焼させて冬を過ごすのですが、冬眠する生き物は寿命が長いといわれ、この術は身体に対する負担を小さくする工夫なのでしょう。

  おとうさん、お昼寝?「あなた、また呑んで食べてゴロ寝ですか?寒いと家に籠って・・まるで冬眠の熊!」「山の神から逃れ、厳しい冬を乗り切る術だな・・ムニャムニャ」「あらっ、やっぱり冬眠。それでお腹に脂肪をため込んで。それだけあれば、食べなくてもひと冬過ごせそう・・」「あっ、急に目が覚めた。それはクマッタ。冬ごもり!だから食べる、お酒も・・」「だめ!冬眠中の食べ物はなし!長生きしますよ・・」「・・・・」

  冬ごもりしている熊の穴からは、糞が見つからないといわれます。糞の臭いが外に漏れて他の獣に嗅ぎつけられることを警戒して、糞をしないようです。しかし、秋にたくさん食べたものがお腹の中で異常発酵し、血液は汚れ、毒素が身体中に回ってしまうはずですが・・・。この問題を解決するのは熊が大量に食べるクマ笹だといわれます。古くから、笹には浄化作用や殺菌作用があるのはよく知られており、食べ物を笹で包んで保存したり、お酒の仕込みの時に笹を使ったり(お酒をササとも呼ぶ由来)してきました。やはり、ササ(酒)は百薬の長ですね。

  古より、人は生きものから様々なことを学んできました。熊をまねて、人間も冬眠すると長生きが出来るかもしれません。便秘で悩んでいるあなた!お腹の脂肪で悩んでいる貴方、数か月も糞をせずに冬籠りする熊から学ぶことはたくさんありそうです。

   ではまた、次回の水彩画をお楽しみに・・・・サム ヤマモト
[2014.12.11(Thu) 21:47] 動物Trackback(0) | Comments(2)
↑TOPへ


COMMENT

落ち葉ほか by M忠太
 画文集なのでしょうか、たんなる風景画ではなく心象風景の様でとても素晴らしいです。彩度採光を活かした繊細なタッチに感動しました。僕もこの国に生まれ、美しい四季に抱かれて生活していることにとても感謝している一人です。雪に関する添書きでも「垂り雪」や「みず雪」など俳句も嗜まれている方なのだろうと想像しました。
 サムさんのブログを観賞できたのは、相模原で先日まで開催されていた展示会を友人が観に行き、僕にその時の感動を電話で伝えてきてくれたからです。
 近いうちに、サムさんのカレンダーを僕に見せてくれるそうなので楽しみにしています。

Re: 落ち葉ほか by サムヤマモト
>  画文集なのでしょうか、たんなる風景画ではなく心象風景の様でとても素晴らしいです。彩度採光を活かした繊細なタッチに感動しました。僕もこの国に生まれ、美しい四季に抱かれて生活していることにとても感謝している一人です。雪に関する添書きでも「垂り雪」や「みず雪」など俳句も嗜まれている方なのだろうと想像しました。
>  サムさんのブログを観賞できたのは、相模原で先日まで開催されていた展示会を友人が観に行き、僕にその時の感動を電話で伝えてきてくれたからです。
>  近いうちに、サムさんのカレンダーを僕に見せてくれるそうなので楽しみにしています。

M忠太さん
コメント頂きありがとうございます。今度は個展にもぜひおいで下さい。

コメントを閉じる▲

 ← 落ち葉 | TOP | 霜月の終わり

COMMENT

 画文集なのでしょうか、たんなる風景画ではなく心象風景の様でとても素晴らしいです。彩度採光を活かした繊細なタッチに感動しました。僕もこの国に生まれ、美しい四季に抱かれて生活していることにとても感謝している一人です。雪に関する添書きでも「垂り雪」や「みず雪」など俳句も嗜まれている方なのだろうと想像しました。
 サムさんのブログを観賞できたのは、相模原で先日まで開催されていた展示会を友人が観に行き、僕にその時の感動を電話で伝えてきてくれたからです。
 近いうちに、サムさんのカレンダーを僕に見せてくれるそうなので楽しみにしています。
[ 2015.02.18(Wed) 10:50] URL | M忠太 #- | EDIT |

>  画文集なのでしょうか、たんなる風景画ではなく心象風景の様でとても素晴らしいです。彩度採光を活かした繊細なタッチに感動しました。僕もこの国に生まれ、美しい四季に抱かれて生活していることにとても感謝している一人です。雪に関する添書きでも「垂り雪」や「みず雪」など俳句も嗜まれている方なのだろうと想像しました。
>  サムさんのブログを観賞できたのは、相模原で先日まで開催されていた展示会を友人が観に行き、僕にその時の感動を電話で伝えてきてくれたからです。
>  近いうちに、サムさんのカレンダーを僕に見せてくれるそうなので楽しみにしています。

M忠太さん
コメント頂きありがとうございます。今度は個展にもぜひおいで下さい。
[ 2015.02.18(Wed) 13:28] URL | サムヤマモト #- | EDIT |

COMMENT POST















管理者にだけ表示

Trackback

この記事のURL:
http://samwatercolor.blog.fc2.com/tb.php/121-f19b623f
 ← 落ち葉 | TOP | 霜月の終わり

カウンター

カレンダー

プロフィール

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ

検索フォーム

リンク

QRコード