TOP > 実りの秋
 ← 寒露のサツマイモ | TOP | 秋の台風

リストマーク 実りの秋 

2014年09月29日 ()
  9月ももう終わりです。七十二候の白露の末候では「玄鳥去(げんちょう さる)」とあり、燕が南へ帰って行く時候です。実りの秋ですねえ。手伝っている畑では、たくさんの野菜が収穫の時期を迎えています。トマト、茄子は食べきれないほど沢山できましたが、そろそろ終わりです。いまは、里芋、生姜、牛蒡、ニンジンを掘り出し、もうしばらくするとサツマイモやヤーコンを掘ります。
 今年も根菜類が良く実りました。根菜は土の中に張った根が養分を吸収して育ち、養分を吸収・貯蔵している根の部分を食べるので栄養が豊富です。食欲の秋といわれますが、根菜類は体内でたんぱく質をエネルギーに替える働きのミネラルも豊富に含むことから、寒い季節に備えて体が要求するのでしょう。

  今日の水彩画は、「谷川に横たわる倒木」です。秋色が増してきた渓谷に倒木が横たわります。幾度かの大雨で押し流され、岩に乗り上げ脇に押しやられた老木に、柔らかな初秋の陽が注ぎ、優しく温めます。大きく枝を広げ森の長老だった巨木も朽ち倒れ、今は静かに横になり、流れに洗われています。朽ちた老木は様々な生きものの糧となり、やがて若木が育ち数百年の命のサイクルを回していきます。
14-09-29.jpg

  根菜類は、掘り出さねばならず収穫が大変です。特に牛蒡は長さ60~70センチにもなるため、スコップで深く掘って収穫することになります。「ごぼう抜き」と言われるぐらいですから、力を入れて引き抜けば一気に抜けるのかと思いきや、なかなか抜けません。半端に掘って抜くと途中で切れてしまいます。

  おとうさん、畑仕事ですか?「あなた~。畑の牛蒡を掘ってくださいな!今日はニンジンと牛蒡のきんぴらでも作りますか?」「牛蒡はだな、簡単に掘れない。根が深いから深く掘らなければ抜けない、腰が痛くて掘れない・・・ぶつぶつ」「青森の方ではあなたの様な人を、“ごんぼほり”というそうですよ!ぐずぐず不平を言って譲らないので、“牛蒡を掘るぐらい難儀な人”なのだそうです。」「ほら見ろ!だから、牛蒡堀りは大変なの!」「あなたっ!掘るの?掘らないの!」「はいはい、掘りますよ。ここほれワンワン!花咲じじいならぬ牛蒡堀爺だあ!小判でも出てこないかなあ~」

  牛蒡はユーラシア大陸原産のキク科の多年草で、縄文時代に伝わってきたらしく、多く食べるようになったのは江戸時代といわれます。根を食べるのは日本と朝鮮半島の人たちだけのようです。牛蒡にはポリフェノールであるクロロゲン酸が豊富に含まれ、抗酸化作用がありますが、水にさらし過ぎると効果が薄れるといわれています。

  ではまた、次回の水彩画をお楽しみに・・・・・サム ヤマモト
[2014.09.29(Mon) 17:10] 植物Trackback(0) | Comments(0)
↑TOPへ


 ← 寒露のサツマイモ | TOP | 秋の台風

COMMENT

COMMENT POST















管理者にだけ表示

Trackback

この記事のURL:
http://samwatercolor.blog.fc2.com/tb.php/112-9fc31957
 ← 寒露のサツマイモ | TOP | 秋の台風

カウンター

カレンダー

プロフィール

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ

検索フォーム

リンク

QRコード