TOP > CATEGORY > 動物
TOP | NEXT

リストマーク 寒蝉鳴 

2017年08月11日 ()
  蝉の声がまだ盛んな立秋ですが、七十二候では次侯の「寒蝉鳴(ひぐらしなく)」にあたり、暦の上ではもう秋なのにヒグラシの鳴き声がよく響く時候なのです。「寒蝉」は蜩(ひぐらし)のことで、早朝や日暮れに「カナカナカナ」となくことから、カナカナ蝉と呼ぶ人もいます。

  今日の水彩画は、「陽差しに焼かれる盛夏の川」です。河原の石や草木の葉、涼しげな流れさえも、容赦なく照り付ける夏の陽に焼かれています。川の中のいきものたちも、日陰の淀みでひっそりと涼を取り、秋の到来を待ちます。
17-08-11.jpg

  蜩は暑さや強い日差しに弱く、涼しい早朝や夕暮れに鳴くことから「日暮し」と呼ばれるようになったのでしょう。どこか物悲しげな鳴き声は、秋への季節の移ろいを感じさせます。俳句の世界では、蝉(せみ)は夏の季語、しかし蜩(ひぐらし)は秋の季語で、昔から、蜩の鳴き声には秋を感じさせるものがあったのでしょう。
  芭蕉の「閑かさや岩にしみ入る蝉の声」は、あまりにも有名な俳句ですが、静まりかえっている山寺に、ただ蝉の鳴声だけが、一枚岩にしみ透るように聞こえる・・。蝉がうるさく鳴いているのに、静かな情景が浮かぶ句です。蝉が大きな声で鳴くのは、子孫を残すためで、生きた証を示す鳴き声のようです。「蝉の一生の大部分は、土の中で安らかに過ごす七年間で、地上に出る七日間は、子孫を残すための最後の大事業」なのです。そんな見方で蝉の声を聞くと、「がんばれよ!」って、いいたくなります。

  おとうさん、蝉時雨!「蝉時雨ねえ!言葉は美しいが音がうるさくて昼寝もままならぬ!」「あなた、昼寝ですか?畑の草刈りをしてくださいな!蝉だって頑張って鳴いていますよ!」「蝉はなあ~七年間も土の中で休んでいたのだ!最後ぐらい元気になるわ!」「あなただってゴロゴロしてばかり!さあ~爺がんばって!」「はいはい、爺爺(ジイジイ)と鳴いて、まるでアブラゼミだ!」

  ファーブル昆虫記によると、昔から「蝉は耳が聞こえない」といわれていました。実証好きのファーブル先生は、蝉がたくさん止まって鳴いている大木の傍で大砲を放ちましたが、蝉たちは素知らぬ顔で鳴き続けたそうです。実は、蝉に耳がないわけではなく、仲間の声の周波数帯だけを聞き取る耳を持っているそうです。

  「蜩のおどろき啼くや朝ぼらけ」とは与謝蕪村の俳句です。明け方の涼しい間にひと眠り、と思ったとたんの蜩の声、「まったくっ!」とつぶやきが聞こえるようです。

  ではまた、次回の水彩画をお楽しみに・・・・・サム ヤマモト
[2017.08.11(Fri) 16:44] 動物Trackback(0) | Comments(0) 見る▼
↑TOPへ


リストマーク 桐始結花 

2017年07月27日 ()
  今ごろの七十二候では大暑の初候となり、「桐始結花(きりはじめてはなむすぶ)」とされ、桐の花が実を結び始める時期なのです。実際には、5月から6月頃が紫色の桐の花の開花時期になるようです。桐は伝統的に神聖な木とされてきており、足利尊氏や豊臣秀吉などの天下人が好んで用いた家紋でもあります。現代では内閣総理大臣の紋章に用いられ、五百円玉の表にも描かれています。

  今日の水彩画は、「夏の日照りの谷川」です。雨が降らず水量が少ない谷川、小さな流れが岩の陰に小さな淀みをつくります。それでも、日照りが続く谷に時折吹く風が涼しさを運び、涼を求めて草木が枝葉を川面に伸ばします。
17-07-27.jpg

  今年は雨が少なく、野菜畑にせっせと水運びをしていますが、焼け石に水の状態です。古来より農耕を営む人たちにとって、降雨の多い少ないはとても重要なことでした。古代中国の亀甲文字に雨という文字がすでに書かれているそうで、古代の人々が雨乞いや降雨を占うために使ったのかも知れません。農耕民族である日本人にとっても、田畑の水をもたらす降雨はとても大切なものでした。日照りが続き、水が枯れ始めると、雨乞いという祈とうを行って、降雨を願うことがよく行われていました。昔から雨を降らせる神様として信じられているのが龍神様でした。

  おとうさん、暑い!「暑いねえ、ひと雨ほしいねえ!」「あなた~、畑に水をやってくださいな~」「暑いのに水運び?龍神様に雨乞いをしたいねえ!落語にもあったなあ・・・夕立屋なんていって、龍(たつ)の化身の男が銭を出すと雨を降らしてくれる、夕立屋は夏だけの商売、それで冬の稼ぎはどうするのだい?ときくと、はい!倅の子龍(こたつ)が稼ぎます、というのが落ちだ!」「あなた、なにをブツブツ、早く水をやらないと野菜が枯れてしまいます!」「はいはい!龍神さん夕立屋を探しておくれ!」

  桐の木は日本では最も軽い木材で、桐たんすが有名ですが、琴にも桐が使われています。琴に使われる桐材は寒い地で育った目の詰まったものがいいとされています。琴は龍に見立てて作られていて、琴の胴の頭は龍頭、反対側は龍尾、このあいだを龍甲といいます。この龍甲には龍の背中の鱗(うろこ)のような模様がでていますが、これは桐の板目が浮き出ているのだそうです。桐と龍は繋がっているのです。

  「涼風の曲がりくねつて来たりけり」とは小林一茶の俳句で、長屋の奥に住んでいるから、暑い夏に吹く一瞬の涼しさを感じる風も曲がりくねってくる、ということです。

  ではまた、次回の水彩画をお楽しみに・・・・・サム ヤマモト
[2017.07.27(Thu) 13:44] 動物Trackback(0) | Comments(0) 見る▼
↑TOPへ


リストマーク 腐草為蛍 

2017年06月13日 ()
  陰暦六月は水無月(みなづき)といい、田植えに多くの水を必要とする月を意味しました。梅雨のこの時期、水が張られた田に苗が青々と育ち始めています。
 七十二候は農作業のための時期を知らせる暦で、今頃は芒種の次候にあたる「腐草為蛍(ふそうほたるとなる)」です。腐った草や朽ちた木の間からきれいに光る蛍が出てくる時期なのです。「蛍」は夏の風物詩として、古くから親しまれていて、「ほたる」の記述は日本書紀や万葉集にすでに見られるそうです。

   今日の水彩画は、「霧に浮かぶ鮎釣人」です。雨上がりの霧に覆われた川の中に、鮎釣人が佇みます。霧を分け入って陽がさし込むと、川面に映える光が霧を照らし、明るい光の中に釣人が浮かび上がります。
17-06-14.jpg

  神奈川県の河川の鮎解禁日は6月1日でした。河口近くの海で育った鮎は、初夏には上流を目指して川を遡ります。上流で成魚となった鮎は秋には川を下り河口付近で産卵し、一年で一生を終える年魚です。「あゆ」の名の由来は、秋に川を下ることから「あゆる(落ちる)」に由来する、という説が分かり易いようです。中国では「鮎」はナマズをさし、アユには「香魚」が使われています。日本では、アユが一定の縄張りを占める魚であることから、「鮎」の文字があてられたともいわれています。

  おとうさん、蛍?「蛍?まさか、煙草を吸っている人じゃないの?蛍といえば、暗がりに浮かぶ赤提灯が恋しいなあ?」「あら、あなた!お出かけですか?」「うむ!夜道が暗いから明かりを持って、ちょいと一杯やってくるか!」「あらあら、明かりを探して飛ぶ蛍みたいですねぇ~!いってらっしゃい~ゲンジボタルの君!蛍二十日に蝉三日といわれ、どうせ旬の時期が短いのですから!」

  ホタルなどの発光生物の発光は、ルシフェリンという物質によるものですが、この発光は電気などによる光源と比較すると効率が非常に高いといわれます。発光生物の大多数は海に生息している生物が占めていて、特に深海生物のほとんどは発光するといわれています。例えば魚類では、500m以上の深海に棲む住む魚の90%が発光するという調査結果があるそうです。

   「己が火を木々の蛍や花の宿(おのがひを きぎのほたるや はなのやど)」とは     芭蕉の俳句です。蛍が光を出して飛び回るのはオスの蛍がメスを探す行動のようで、メスの蛍も発光しますが、木や草などに止まってあまり動かないそうです。

  ではまた、次回の水彩画をお楽しみに・・・・・・サム ヤマモト
[2017.06.13(Tue) 17:13] 動物Trackback(0) | Comments(0) 見る▼
↑TOPへ


リストマーク 蚯蚓出 

2017年05月13日 ()
  今ごろは、七十二候では立夏の次候の「蚯蚓出(きゅういんいずる)」にあたり、蚯蚓つまりミミズが這い出して来る湿潤で暖かな季節になったということです。
 ミミズは土や落ち葉を食べ分解して、肥沃な土壌を作り出してくれます。我が家の畑の堆肥の中でも、たくさんのミミズが働いてくれています。ミミズという名前は、「目見ず(めみえず)」からきたようで、ミミズの目は退化してありませんが、光を感じることはできるようです。

  今日の水彩画は、「新緑に輝く流れ」です。木々が初夏の日差しに枝を伸ばし、若葉が陽を浴びて眩しく輝いています。水面に萌黄色を映す川は、命の輝きを溢れさせてキラキラ、ザワザワと流れます。
17-05-13.jpg

   いよいよ、新緑が美しい季節がやってきました。この柔らかで明るい若葉色に溢れる野山は、絵心が掻き立てられる風景のひとつです。新緑の草木を描くときに好きな絵の具に「サップグリーン」があります。サップグリーンはサップ(sap:樹液)の名が示すように、「クロウメモドキ」という植物の実から採取された緑色のことです(今使っている絵の具は化学合成顔料ですが)。草木染の世界では、一般には単独で緑色を染める染料はほとんどないといわれていて、日本では藍染の布を黄色の染料に浸けて、緑色に染めるようです。しかしながら、このクロウメモドキの実は珍しく緑色の染料原料になっているそうです。

   おとうさん、新緑!「若いみどりは美しいなあ!」「あらっ!あなた!何処のみどりさんですか?」「ちがう!色の話ですよ!色気じゃなく色!若緑色が美しいねぇ!日本の緑色の和名はいいねえ!萌黄色、若芽色、若草色、若苗色、若竹色なんていうのは、若く匂い立つような色だねえ~」「あら!若々しい乙女のような色・・・わたしに似合う緑色は何かしら?」「そうだなあ~老竹色という緑色が・・・」「キッ!あなた!そんな色がありますか!」「本当にある、本当だ!逃げろ、緑は安全の色だあ~」

  「出るやいな蚯蚓(みみず)は蟻に引かれけり」は、小林一茶の句です。土壌改良に役立つミミズにも敵が多いようで、ミミズが大好物のモグラ、土を掘り返すツバメやサギ、地面を歩き回るトカゲやハンミョウは大敵です。
 俳句に詠まれる「みみず」は夏の季語ですが、「みみず鳴く」は秋の季語になるそうです。ちなみに、ミミズは鳴きません。昔からあの「ジーィジーィ」というミミズの鳴き声といわれた声は、実はケラという虫の鳴き声だったようです。

 ではまた、次回の水彩画をお楽しみに・・・・・サム ヤマモト
[2017.05.13(Sat) 16:13] 動物Trackback(0) | Comments(0) 見る▼
↑TOPへ


リストマーク 鴻雁北 

2017年04月12日 ()
  今ごろは、七十二候では清明の次候「鴻雁北(こうがん きたす)」にあたります。初候が「玄鳥至(つばめ いたる)」でしたから、ツバメが南から渡って来て、雁(がん)が北に帰っていくという、鳥たちの渡りの季節ということなのです。
  雁(がん、かり)はカモ目カモ科の水鳥で、白鳥より小さく、鴨より大きい鳥の総称です。かつては狩猟鳥でしたが、現在は数が減り狩猟は全面禁止、繁殖地の減少などが懸念されていて、ロシアやカナダとは保護条約が締結されている鳥です。

  今日の水彩画は、「御苑の桜」です。新宿御苑にはソメイヨシノをはじめたくさんの種類の桜の木があり、今頃は、薄紅色、緋色、白色などいろいろな桜がたのしめます。大島桜の白とソメイヨシノのピンクの花が、温んできた池の水面に映り、春風に揺れながら百花繚乱の春を喜び歌います。

17-04-12.jpg
  雁は、古くから日本人と深いつながりがあり、詩歌、俳句に多く詠われ、絵画や文様、昔話や物語、映画・小説にも数多く登場します。言葉にもたくさん雁に関わるものがあり、雁首、雁風呂、がんもどき、などが今でも残っています。
 雁風呂というのは・・、数千里も飛ぶ雁は海で休むための木片をくわえて渡りをするという、人々は春の海辺に落ちている木片を、力尽きて北へ帰れなかった雁たちのものと考え、木片を集め風呂を焚き、供養していたそうです。実際には、雁が木片をくわえて渡ることはないので、昔の民話からきた話のようです。

  おとうさん、雁が北へ帰る!「雁肉はないから、鴨肉といくか?」「あなた~今日はガンモドキを煮付けてみました!」「雁肉がだめならガンモドキ!気が利くねえ~精進だ!もどき料理だ!昔から湯葉、豆腐、油揚げ、コンニャクなどで工夫して料理が作られた!」「お精進は採食ですから健康にいいですよ!」「ついでに般若湯(酒)を少々・・」「葷酒山門に入るを許さず!もどき酒(お茶け)で・・・」「・・・やはり・・・」

  雁をかたどった家紋もあり、真田氏などが使っていました。真田の家紋は六文銭が有名ですが、結び雁金紋(かりがねもん)は、雁は幸せを運ぶ鳥として、平時に使われていたようです。六文銭は三途の川を渡る際の船賃が六文というところからきていて、家紋の意味は、死を恐れず決死の覚悟で戦うというところにあるようです。

  「雁行きて門田も遠くおもはるる」 与謝蕪村の句で、雁がみな帰ってしまい、雁のいた近くの田が急に遠くなったように思われる・・・。

  ではまた、次回の水彩画をお楽しみに・・・・・サム ヤマモト
[2017.04.12(Wed) 17:44] 動物Trackback(0) | Comments(0) 見る▼
↑TOPへ


TOP | NEXT

カウンター

カレンダー

プロフィール

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ

検索フォーム

リンク

QRコード